2016年02月29日

北海道の温泉(20) 然別峡温泉「鹿の湯」

 然別峡温泉「鹿の湯」

大雪山系の南側、十勝地方の山の中にある、無料の露天風呂です。値段は無料です。

キャンプ場に併設されているので、夏場は大層な賑わいの様子ですが、冬場は歩いてしか行くことが出来ません。

山奥の一軒宿、かんの温泉に車を止めて、歩いて温泉へと向かいます。
数人分の足跡が残っていましたが、何度もごぼったりして、なかなか大変です。

20分近く歩いてようやく到着しました。渓流沿いにある、素晴らしい温泉です。こんな露天風呂を一人占めです。

ただ、冬場は清掃もされていないので、底はヌルヌル、藻が漂っています。温泉に入ったり出たりする時には、岩で手足を切らないように、注意が必要です。この時期は、つっかけを持っていくべきでした。

メインの浴槽はこの時期はとてもぬるいのですが、崖っぷちに一人が入れるくらいの大きさの壺湯のような浴槽があり、こちらは丁度適温となっているので、身体を温めることが出来ました。
[2016年1月2日]
  


Posted by こいったん at 19:44Comments(0)北海道の温泉

2016年02月26日

北海道の温泉(19) ぬかびら温泉「湯元館」

 ぬかびら温泉「湯元館」

ぬかびら温泉「湯元館」は、十勝地方、大雪山系の麓にある温泉です。
値段は、500円でした。

この温泉には、20年以上前から何度も通っています。今年は、元旦の初湯に利用させてもらいました。

露天風呂が特に気持ち良いです。
身体が熱くなったら、風呂の縁に座って、眼下の小さな渓流を眺めながら、のんびりと出来ます。

目の前にはスキー場があるのですが、いつ行っても、そんなに混雑していません。

お湯は源泉掛け流しで、塩素も入れていないとの事で、柔らかいお湯が溢れています。

温泉のある、上士幌町糠平地区は、日本でも有数の寒冷地となっています。

極寒の地での露天風呂体験もなかなか良いものです。
[2016年1月1日]
  


Posted by こいったん at 22:58Comments(0)北海道の温泉

2016年02月24日

北海道の温泉(18) 十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」

 十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」

「凌雲閣」は、北海道の中央、上富良野町の山奥にある温泉です。雪が深かったのですが、レンタカーでもたどり着くことが出来ました。

値段は、冬季割引料金で600円でした。普段は800円のようです。

北海道でも最高所の温泉(1290m)ということです。

ここは、約25年前に、北海道バイクツーリングで訪れたことがあるはずの温泉です。久しぶりに行ってみよう、ということでやって来ました。
真っ茶色のお湯に、露天風呂からの雄大な景色が記憶に残っています。

少し、浴室の構造など、昔の記憶と違っていたのですが、男女浴室が入れ替わっただけかも知れません。

朝の8時半頃に訪問、宿泊客でしょうか、数人の方が入っていましたが、途中からは貸切に。
冬山の景色を眺めながら、露天風呂にゆっくりと浸かってきました。
掛け流しで、塩素も入れていない、と表示がありました。
[2015年12月31日]
  


Posted by こいったん at 19:39Comments(0)北海道の温泉

2016年02月22日

北海道の温泉(17) しんしのつ温泉「たっぷの湯」

 しんしのつ温泉「たっぷの湯」

「たっぷの湯」は、札幌の郊外、新篠津村にある、センター系の温泉です。新千歳空港から車で1時間40分ほどでした。値段は、500円です。

真冬でしたので、一面真っ白な銀世界でしたが、普段は田園風景が広がっている景色なのでしょうか。

小さな看板を発見して駐車場へと入りました。道の駅の一角にあるようでしたが、どこにたっぷの湯があるのか分かりません。ちょうど、メインらしき建物から風呂道具を持ったお客さんが出て来ました。
道の駅が温泉、といった感じです。

案内には、つい最近、新たな源泉でリニューアルオープン、源泉掛け流し、とありました。残念ながら、塩素は投入しているようです。
強塩泉ということで、少ししょっぱい味がしましたが、近くの北村温泉ほどではありませんでした。

30日の夕方に訪問しましたが、20人近くのお客さんで賑わっていました。正月も営業しているようです。
[2015年12月30日]
  


Posted by こいったん at 20:20Comments(0)北海道の温泉

2014年11月17日

北海道の温泉(16) コタン温泉「コタン温泉露天風呂」

 コタン温泉「コタン温泉露天風呂」

コタン温泉露天風呂は、北海道の東部、屈斜路湖のほとりにある、無料の露天風呂です。

写真の通り、湖の雄大な眺めを堪能しながら、温泉に浸かることが出来ます。白鳥もたくさん集まって来ていました。

中国人でしょうか、一組のカップルが入っていましたが、直に貸切となりました。

本州だったらきっと、芋の子を洗うような大混雑でしょうが、北海道の東の果て、冬の閑散期ということもあるのでしょう。

こんな素晴らしい露天風呂を独り占め出来るとは信じられません。

駐車場に戻ると、先程から止まっていた富山ナンバーの車の持ち主がやって来ました。
こちらが富山空港から飛行機に乗ってやって来たことを伝え、お話を。写真を撮って楽しんでいるそうです。
こんな遠い場所で北陸人に出会えるとはうれしいものです。
[2014年1月18日]
  


Posted by こいったん at 19:22Comments(2)北海道の温泉

2014年11月16日

北海道の温泉(15) ながぬま温泉「ながぬま温泉」

ANAのマイレージが貯まっていたので北海道へ。一年で一番お客さんが少ない時期かも知れません、飛行機に乗っていたのは15人くらいでした。レンタカーを借りて出発です。


 ながぬま温泉「ながぬま温泉」

ながぬま温泉は、北海道の石狩地方、札幌市から少し内陸(東)の方の長沼町という所にあります。

値段は500円でしたが、平成26年4月より600円となったようです。

二つの浴室をくっつけたような、変わった造りとなっていました。浴槽と洗い場のセットが右と左に二つあります。

ナトリウム・塩化物強塩泉ということで、お湯はしょっぱく、温泉に入っていると実感出来ました。

お客さんも多く、仕事帰りといった若い人たちの姿も見られました。やはり札幌に近いこともあるのでしょうか、客層が年配の方に偏っていない印象でした。

露天風呂にも入りましたが、真冬ということもあり、湯船にたどり着くまでが寒いですね。

源泉掛け流しとなっていました。塩素はどうなのでしょうか、はっきり分かりませんでした。

併設するホテルの小さなレストランで豚ジンギスカン定食980円を頼み、夕食としました。
[2014年1月17日]
  


Posted by こいったん at 20:42Comments(0)北海道の温泉

2014年05月07日

北海道の温泉(14) 丸美ヶ丘温泉「丸美ヶ丘温泉ホテル」

 丸美ヶ丘温泉「丸美ヶ丘温泉ホテル」

北海道の十勝地方、音更町にあります。値段は400円でした。

朝10時からオープンということで、その30分後くらいに伺うと、既に広い駐車場が満車でした。開店と同時に、人が押し寄せた様子です。大晦日だったという事もあるのでしょうか。帰る頃には落ち着いていました。

浴室には15人ほどの先客が。モール泉の茶色いお湯が、ザブザブと溢れて気持ち良いです。広い浴槽とぬるい小さな浴槽があり、大きな窓からは、眼下の街並みが見渡せました。これは、冬場のため、木々の葉が落ちているからでしょう。丘の中腹に建物があるような感じです。

夜は11時半までとなっていました。結構遅くまで営業しているものです。それだけお客さんが来ているのでしょう。
[2013年12月31日]


次回の更新から遍路紀行に戻ります。捨身ヶ嶽禅定から別格の神野寺へ向かう話となります。  


Posted by こいったん at 19:23Comments(0)北海道の温泉

2014年05月06日

北海道の温泉(13) 東中温泉「中標津保養所温泉旅館」

 東中温泉「中標津保養所温泉旅館」

北海道の東の端、根室地方のやや内陸部、中標津町にあります。
値段は500円。早朝6時半から営業しているようでした。

12月30日の午前中に訪問したのですが、結構な賑わいでした。鄙びた寂しい温泉を想像していたのですが、地元の方が日常的に利用しているような印象です。

湯船からはお湯がザンザカ溢れています。気持ち良いですね。
露天風呂に入っていると、地元のおじいちゃんに話し掛けられ、しばしのふれあいを楽しみました。

昔の北海道だったら、話し掛けてくれる方が多くてこのような機会がよくあったように思うのですが、最近ではあまり無くなってしまったように思います。

食事の提供もあったので、休憩所となっている広間で焼肉定食(1000円)を。何組かの人たちが同じようにくつろいでいました。地元の健康センター的な役割となっているのでしょうか。
[2013年12月30日]
  


Posted by こいったん at 12:40Comments(0)北海道の温泉

2014年05月05日

北海道の温泉(12) 旭温泉「えんべつ旭温泉」

 旭温泉「えんべつ旭温泉」

北海道の留萌地方、日本海側を稚内市方面に向かった遠別町という所にあります。
値段は500円でした。営業時間は8時から22時までと、朝早くから頑張っていますね。

もうかれこれ20年以上前、バイクで北海道ツーリングをした時に立ち寄って以来の、懐かしい訪問となりました。
国道232号線から山の方に数km入った場所にあります。

山小屋のような外観は昔と変わっておらず、記憶に残っていました。中の様子ははっきりと覚えていませんでした。当時は新しくきれいな印象があったのですが、今回も変わらず同じイメージです。

洋風と和風があり、当日入ったのは和風でした。内風呂と露天風呂では違うお湯で、いかにも温泉といった色をしていました。
内湯は掛け流し、露天風呂は循環だったようです。サウナもありました。

年末の日中の訪問でした。最初は貸切でしたが、その内、家族連れや地元のおじいちゃんなどもやって来ていました。
[2013年12月29日]
  


Posted by こいったん at 13:45Comments(0)北海道の温泉

2014年05月04日

北海道の温泉(11) 上士幌町町営浴場「ふれあいプラザ」

歩き遍路41日目が終了しましたので、キリの良い所で、温泉特集にいきたいと思います。備忘録風ですが、ご了承下さい。

 上士幌町町営浴場「ふれあいプラザ」

北海道の十勝地方の北部、上士幌町の市街地、国道273号線沿いにあります。値段は380円。
営業時間は、季節によって変わりますが午後からで、シャンプー等は持参します。

ここも以前から何度も通っている温泉です。
20年近く前に出来た、わりと新しい施設です。センター系と言うのでしょうか。

ロビーにテレビはあるのですが、点いているのを見たことはなく、とても静かです。

和風と洋風のお風呂があり、男女で定期的に交代しているようです。特別お湯が素晴らしいといったことは無いのですが、何となくのんびり出来るので、度々利用しています。

ただ一点、サウナにマットが敷かれていないので、匂いがすごいです。何年か前から、経費節減のためでしょうか、無くなってしまいました。ここは何とかして欲しい所です。
[2013年12月31日]
  


Posted by こいったん at 20:22Comments(0)北海道の温泉

2013年01月23日

北海道の温泉(10) 鶴の湯温泉「鶴の湯温泉」

 鶴の湯温泉「鶴の湯温泉」

新千歳空港の近く、北海道安平町(旧早来町)にある温泉です。値段は500円でした。

この温泉は、空港近くのレンタカー会社に近いので、飛行機で北海道に行き、レンタカーを借りた時の帰りに立ち寄ることがあります。

空港の近くといっても、賑やかな場所という訳ではなく、のどかな農村地帯の一角にある温泉といった佇まいです。
以前は鄙びた温泉宿といった風情でしたが、新しい建物に生まれ変わっていました。

浴槽は、倍以上に広くなっていました。以前は、塩素非混入、掛け流しでしたが、今はどうなっているのでしょうか。
湯は茶色、露天風呂は無く、内風呂のみでした。

混雑することもなく、程よくお客さんがいる程度で、ゆっくりと過ごせました。この後、新千歳空港に向かい、北海道を離れました。
[2013年1月2日]


追記:2014年1月19日再訪。塩素による消毒処理、循環(一部掛け流し)と、張り紙がありました。残念です。  


Posted by こいったん at 21:39Comments(0)北海道の温泉

2013年01月22日

北海道の温泉(9) 芽登温泉「芽登温泉ホテル」

 芽登温泉「芽登温泉ホテル」

北海道の十勝地方、足寄町にあります。料金は500円、営業時間は10:30~20:00です。

周囲に人家は無く、森の中の一軒宿です。

こちらも何度か入ったことがある温泉です。塩素非混入、非循環の正しい温泉のようです。

10時半少し前に到着したので、少し待ってからの入浴となりました。数年前に改築して、脱衣所・湯船はきれいになっています。

広い露天風呂もあり、透明なお湯が溢れています。北海道の極寒の大自然の中で、雪景色を眺めながらの雪見風呂です。

湯温は少々熱めなので、この冬の時期にはちょうど良い感じです。飲泉用のコップも置いてあり、たっぷりと飲んできました。

今年最後のお風呂は、この芽登温泉となりました。北海道の人里離れた温泉が、今年の入り納めというのは、なかなか良い気分です。
[2012年12月31日]
  


Posted by こいったん at 22:02Comments(0)北海道の温泉

2013年01月21日

北海道の温泉(8) 雌阿寒温泉「野中温泉別館」

 雌阿寒温泉「野中温泉別館」

北海道の十勝地方、足寄町のずっと奥、阿寒湖の近く、オンネトーと呼ばれる湖の側にあります。値段は350円でした。少々値上げしたような気が。

ここも以前から何度も通っている温泉です。北海道らしい針葉樹の森の中の道を通ると、ポツンと3軒の宿があり、その中の一つです。

フロントからは長い廊下を歩きます。ここに宿泊した芸能人のサインと写真があり、これを眺めながら進むのが恒例となっています。

静かな脱衣所で服を脱ぎ、薄暗い浴室へ。全て木で造られているようです。シャワーは無く、湯に浸かるだけの温泉です。お湯がドバドバと豪快に入れられています。このドバドバに惹きつけられているのかも。

頭から湯をかぶって、のんびりと過ごしました。この日は、ずっと貸切でした。露天風呂もあります。

浴後、下着には、硫黄の匂いがプンプンと残り、温泉に入ったのだなーと実感が湧きました。
[2012年12月30日]
  


Posted by こいったん at 21:30Comments(0)北海道の温泉

2013年01月20日

北海道の温泉(7) 旭岳温泉「湧駒荘」(別館 神々の湯)

これから数回、年末年始に行った北海道での温泉の入湯記録を書いていきたいと思います。昨冬の続きです。備忘記録のようなもので、遍路とは関係ありませんが、ご了承下さい。


 旭岳温泉「湧駒荘」(別館 神々の湯)

北海道の道央地方、旭川市の東南部、東川町の山麓にあります。値段は600円でした。

道央道、旭川鷹栖ICを下り、雪道の中、車を走らせます。随分と遠く感じました。
午後5時前に到着したのですが、辺りは既に真っ暗でした。北海道の日没は、地元よりさらに早いです。

暗くて、外観の様子はよく分からなかったのですが、大きな建物です。
日帰り入浴は19時まで、と早い時間で終了でした。知らずに遅い時間に訪問していると、せっかくここまで来たのに‥となる所でした。

受付で支払いをしますが、大きな温泉宿なので、事務的な感じです。
細い通路を延々進むと、小さな脱衣所がありました。ロッカーがほとんど埋まっており、薄暗い浴室に入ると人で一杯でした。
湯船は二つ、露天風呂もありました。外国人の団体さんでしょうか、西洋人のお兄ちゃんが多く、浸かる場所を探さなければならない状態でした。

天井が高く開放感はあるのですが、浴室内はひんやりとしており、湯温も低いので、みなさん長時間、湯船に浸かったままの様子でした。

ここは、塩素非混入、非循環の正しい温泉のようです。お湯の出口の場所を確保し、身体を温めてから浴室を出ました。
[2012年12月29日]
  


Posted by こいったん at 21:30Comments(0)北海道の温泉

2012年01月22日

北海道の温泉(6) 湿原温泉「民宿つるい」

 湿原温泉「民宿つるい」

北海道の道東地方、釧路市の北部、鶴居村にあります。値段は380円と格安です。

ここもお気に入りの温泉で、何度か来たことがあります。

ステンレスの浴槽が二つ置いてあり、ドバドバとモール泉が入れられています。小さな露天風呂もあります。

着いた時は貸切だったのですが、間もなくもう一人のお客さんが。この方と会話が始まりました。
釧路市内から来られたそうで、農業や釧路の産業、現状の話など、色々な話を聞かせて頂きました。
気が付くと、1時間半も温泉に入っていました。地元の方との交流はいいですね~。

湯上り後は、休憩所で一休み。我々だけの貸切です。静かな正月でいいなぁ、と話していたのが印象的でした。もの寂しさを感じていただけに、こういう感じ方もあったかと、ハッとさせられました。
ポカリをごちそうになりました。ありがとうございます。
[2012年1月2日]
  


Posted by こいったん at 22:22Comments(0)北海道の温泉

2012年01月21日

北海道の温泉(5) しほろ温泉「プラザ緑風」

 しほろ温泉「プラザ緑風」

北海道の十勝地方、士幌町郊外にあります。値段は500円。

宿泊施設が併設されています。以前は鄙びた温泉でしたが、数年前にすっかり生まれ変わりました。まだ新しい建物です。同泊した3名で行って来ました。

ここは、年末年始でも通常営業しているようでした。
元旦の夜、入りに行ったのですが、程よく賑わっていました。
サウナ・露天風呂・水風呂など一通りそろっています。郊外型のスーパー銭湯といった感じです。
ここもモール泉で、茶色い湯となっています。

湯上り後は、広い休憩所でのんびりと元旦の夜を過ごしました。
[2012年1月1日]
  


Posted by こいったん at 22:55Comments(0)北海道の温泉

2012年01月20日

北海道の温泉(4) 幌加温泉「湯元鹿の谷」

 幌加温泉「湯元鹿の谷」

大雪山系の南側、十勝地方の山の中にある温泉です。値段は500円。北海道上士幌町にあります。

毎年、元旦はここの温泉に入るのが恒例となっています。
同じ宿に泊まっていた7名で行って来ました。

クマが出没する山奥に、ぽつんと二軒の温泉宿があります。もう一軒の方は、現在休業中との事です。
宿前には急勾配の坂がありますが、温泉を流して雪を溶かしています。

昔の湯治場といった感じで、カルシューム泉・ナトリューム泉・鉄鉱泉と看板が掛かった3つのコンクリート製の浴槽があります。混浴となっていますが、女性用の小さな湯船もあるそうです。
今時の温泉ではなく、通好みといった感じでしょうか。
もちろん、源泉掛け流し、塩素無混入でしょう。
今回は、我々だけの貸切でした。北海道のこの人の少なさはいいですね~。

露天風呂へは、10mほど外を歩きます。真冬は気合いを入れないと、露天風呂までたどり着けません(笑)
大自然の中に身を浸しながらの温泉が楽しめるのですが、今回は湯温の調整が上手くいってなかったのか、熱すぎてゆっくり出来なかったのが残念でした。
雪の上にジャンプして、人型を作って遊んで来ました。
[2012年1月1日]
  


Posted by こいったん at 22:01Comments(0)北海道の温泉

2012年01月19日

北海道の温泉(3) オベリベリ温泉「水光園」

 オベリベリ温泉「水光園」

十勝平野の中心、帯広市内にある温泉です。値段は420円。

以前に二回、来たことがありますが、数年前の改築後は初めてです。
11時のオープン30分後に入ったのですが、既にたくさんの人で賑わっていました。大みそかだったということもあるのでしょうか。

施設は木のぬくもりがする、とても綺麗な建物でした。郊外型のスーパー銭湯を一回り小さくしたような感じです。露天風呂もありますが、厳寒の北海道では、外への扉から湯船に入るまでの数秒が大変です。

お湯はこの辺りに多いモール泉。茶色の湯です。そういえば、モール泉はこの十勝と金沢周辺でよく湧き出していると聞いたことがあるような気がします。自分にとっては特別珍しい感じはしないのですが、みなさんにとってはどうでしょうか。
[2011年12月31日]
  


Posted by こいったん at 21:07Comments(0)北海道の温泉

2012年01月18日

北海道の温泉(2) 層雲峡温泉「黒岳の湯」

 層雲峡温泉「黒岳の湯」

北海道の真ん中、大雪山系の麓にある層雲峡の温泉街の中にある共同浴場です。値段は600円。北海道上川町にあります。

大きな看板が出ていなかったので、温泉街をグルグルと少々迷った末にようやく到着しました。

二階にメインの石組の浴槽、三階に露天風呂とサウナがありました。まだ新しく、綺麗な建物でした。数名のお客さんがゆったりと過ごしていましたが、登山のシーズンにはたくさんの人で賑わいそうです。

個人的には今ひとつな感じでしたが、一般的には人気があるような気がします。
[2011年12月30日]
  


Posted by こいったん at 20:58Comments(0)北海道の温泉

2012年01月17日

北海道の温泉(1) 北村温泉「北村温泉ホテル」

今回は、旅の途中で入った温泉に関してです。
温泉・銭湯にはよく行きますので、記録的に残していけたらいいかなぁと考えています。専門家ではありませんので、温泉の詳細な分析などは出来ませんが、感じたことを素直に書き記していきたいと思います。

 北村温泉「北村温泉ホテル」

こちらが、北海道上陸後、最初に入った温泉「北村温泉ホテル」です。値段は500円。北海道岩見沢市(旧北村)にあります。
街は雪ですっぽりと覆われていました。

強塩泉ということで、とてもしょっぱい! 湯船で顔を洗っていると、すぐに口の中がしょっぱくなります。
食塩泉は、温泉に入っているという実感がすぐに湧きますので、気に入っています。

温泉内には話をしたりあいさつを交わしたりしている人たちが多く、地元の方々で賑わっていました。
近所にあれば、毎日通いたい温泉です。
[2011年12月29日]
定期的にポチッとして下さる方、いつもありがとうございます。
どこのどなたか分かりませんが、この場を借りて御礼申し上げます。
  


Posted by こいったん at 19:25Comments(0)北海道の温泉