2017年10月03日

【3巡目-199】 24番最御崎寺、室戸岬、26番金剛頂寺、奈半利まで 〈その8〉[2016年11月20日]


(25)津照寺を出立し、国道55号線に出て来た。
この辺りは、室戸市の中心部になるようで、道路沿いには商店が連なっている。

街外れまでやって来ると、「旅籠屋」という新しそうな宿泊所が出来ていた。
一泊軽朝食付きで、平日は5000円だが、休前日は8000円、大型連休時は11000円と、値段の変動が凄いことになっている。

旧道を選択出来たが、今回は国道をそのまま進み、(26)金剛頂寺の麓までやって来た。
「民宿うらしま」の辺りから国道を離れ、田舎道となる。

民宿の一角には、自販機のある、新しそうな休憩所があった。トイレマークもあったので、設置されているのだろうか。
それ程疲れていなかったので通過する。

しばらくは車遍路と同じ道を進むが、分岐を真っすぐ進み、車一台が通れるだけの道となる。ここからはいよいよ上りとなる。
次第に森の中へと入っていき、歩きの土道となった。

(24)最御崎寺の上りでバテてしまったので、今回は前を見ず、足元を見て上ることにした。
周りの景色を見ながら歩くのが理想なのだが、なぜか息が切れてしまう。足元だけを見ながら一歩一歩進むと、まだ息が続くのである。  


Posted by こいったん at 23:10Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年10月01日

【3巡目-198】 24番最御崎寺、室戸岬、26番金剛頂寺、奈半利まで 〈その7〉[2016年11月20日]


(25)津照寺は街中にあるお寺ということもあってか、寺前には車やバイクがたくさん止められており、人の姿も見られ、賑やかな印象である。日曜日だからだろうか。

赤い山門の向こうに、天まで、とはいかないが、結構な高さまで石段が続いている。

門前には土産の店があるが、どのお寺でも買い物をしている参拝客の姿を見ることは無く、経営的に大丈夫なのかなあ、と心配になる。

平地の一部分がポッカリと小山になっており、その部分がお寺になっている。
遍路道での山道の大変さに比べれば、お寺の長い石段は大したことはないように思え、ヒョイヒョイと上り、参拝した。

(25)津照寺を出立する。
お寺からすぐ先の橋が通行止のため、お遍路さんは迂回するように貼り紙が出ていた。

もしかしたら歩きだったら行けるかなあ、と思い橋の側まで行ってみるが、やはり無理だった。工事に2年くらいも掛かるようである。

途中、太田旅館があったはずだが、建物が無くなっている。少し海寄りの別の場所に旅館の看板が見えていた。ほんの少し、移転したのだろうか。

お寺に戻って迂回路を歩くが、よく分からなかった。適当に、お寺の小山の裏辺りの集落内を進み、小さな橋を渡る。
へんろ地図を確認すると、吉松旅館の辺りに出て来たらしく、道は正解だったようである。どんな旅館か外観だけでも見ておこうと思ったが、見付けられなかった。  


Posted by こいったん at 23:46Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年09月29日

【3巡目-197】 24番最御崎寺、室戸岬、26番金剛頂寺、奈半利まで 〈その6〉[2016年11月20日]


室戸岬を周り、(25)津照寺へと旧道を進む。

特徴的な掘り込み式の港は、どの人にとっても記憶に残っているだろう。
案内板によると、1661年に岩を開削して造られた、との事だがら、随分と歴史のある港である。

11時を回り、かなりお腹がすいてきた。
ちょうど道沿いに、浜田商店という、お好み焼き・焼きそばの暖簾の掛かった個人の飲食店があった。
ここに思い切って入ってみることにした。

おばさんが出てくる。お遍路姿に驚く様子もない。よく見ると、壁には納札が貼られていたので、お遍路さんがよく利用するのだろう。

壁に貼られたメニューを見て、焼きそばを注文する。後で気が付いたのだが、少しの値段で、二玉・三玉と大盛に出来たようである、残念。

帰り際におばさんが話し掛けてくれる。昨日は台湾の方が来られて言葉が分からなかった、と笑いながら話していた。

無事に腹ごしらえをし、出発する。再び掘り込み式の港が見えてくると、(25)津照寺はすぐそこである。
焼きそばの浜田商店から15分で到着した。  


Posted by こいったん at 22:55Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年09月27日

【3巡目-196】 24番最御崎寺、室戸岬、26番金剛頂寺、奈半利まで 〈その5〉[2016年11月20日]


(24)最御崎寺からは、スカイラインは通らず、上ってきた遍路道を戻る。

上り口付近にテントを張っている方がいた。行きの時には気が付かなかったので、上手く見えない場所で野宿していたようだ。

国道を横断し、先程の遊歩道へと戻って来た。ここから室戸岬を目指す。
室戸岬と言えば、知名度は高いのだが、はっきりとどこが岬か分からず、観光地という感じもあまりしない。
足摺岬の観光地っぽい雰囲気とは対照的である。

室戸岬周辺の歩道を通り、再び国道へと出てきた。しばらく進むと、スカイライン入口となり、一般の遍路道へと合流である。
ここからは旧道の方へと入った。

高知市内へ向かっては、同じような町並みが続き、単調な区間が始まる。

へんろ地図に記載されている宿、「うまめの木」がないかなあ、と思ったが、旧道沿いには見付からなかったので、国道の方にあるのだろう。
かなり評判が良いようなので、一度泊まってみたいなあ、と思っている。

時折、正月飾りがそのまま残っている家を見掛ける。何かこの辺りの風習なのだろうか。  


Posted by こいったん at 23:45Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年09月25日

【3巡目-195】 24番最御崎寺、室戸岬、26番金剛頂寺、奈半利まで 〈その4〉[2016年11月20日]


国道から、歩きの遍路道へと入る。
大してきつくはない道だったと思うが、汗が噴き出し、息も切れて、何度も休憩することになってしまった。

数年前だったら、楽に上りきることが出来たはずである。体力が落ちてきているのだろうか。
もう、40代も後半なので、当たり前なのかも知れない。

途中、逆打ちのお遍路さん、二人とすれ違った。(26)金剛頂寺を辺りから出発したのだろうか、逆打ちの方とよく出会う。

国道から16分で、(24)最御崎寺到着した。数組のお遍路さんが参拝している。白衣を身に着けている方が多かった。お参りをし、一休みする。

今回は室戸岬周辺を丁寧に周ろうと思っていたので、参拝後に室戸岬灯台へと向かった。お寺から少し行った所にあり、思いのほか近かった。

その明かりは、49km先まで届くとの事で、日本一のようである。
灯台からは、雄大な太平洋を眺めることが出来る。高知は、川もきれいだが、海の水もまた透き通っている。

普通のお遍路さんはここから、スカイラインを歩いて下って行くのだが、今回は東海図版の地図に従って、元来た道を戻ることにした。
スカイラインが昔からの道ということはあり得ないから、きっと昔のお遍路さんは、歩きの道を往復したのだろう。  


Posted by こいったん at 22:11Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年09月22日

【3巡目-194】 24番最御崎寺、室戸岬、26番金剛頂寺、奈半利まで 〈その3〉[2016年11月20日]


お休み処を出発し、岬方面へと向かう。
巨大な青年大師像が見えてくると、室戸岬が近付いてきた、という気持ちになる。

じっくりとお顔を見せてもらうと、随分と凛々しい顔をしていた。若い頃の姿ということだろう。
古びた販売所が並んでおり、土産物などを売っていた。

その少し先、弘法大師が修行したと言われている「御蔵洞」は、立ち入り出来ないようになってしまっていた。
新しい説明板があり、かつて、標高は今よりも5m低く、より海に近かった、との事である。

ここからは、東海図版の四国遍路地図に従って進んで行くことにする。

海岸へと出る遊歩道へと入る。岩場に、コンクリートの歩道が続いていた。
日曜日ということもあってか、何人かの観光客の方とすれ違った。

(24)最御崎寺へ向かうため、案内は無かったが、再び国道の方に戻る歩道に入ってみる。車道に出ると、丁度、お寺への遍路道の入口の所に出て来た。

ここから歩きの道となり、ゼロから165mまで一気に上ることになる。  


Posted by こいったん at 22:22Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年09月20日

【3巡目-193】 24番最御崎寺、室戸岬、26番金剛頂寺、奈半利まで 〈その2〉[2016年11月20日]


この、「室戸世界ジオパークセンター」には、広い駐車場、そして綺麗なトイレがあったので利用させてもらった。

少々下品な話になるのだが、最近、お腹の方が緩いので、歩き始めて1時間弱で再びトイレに駆け込んでしまうことが当たり前のようになってきている。
お遍路中に限って、朝食をしっかりと食べるからだろう。

ここで、上着を脱いでTシャツ姿になった。金沢と高知では、やはり気候が全然違うようである。

センターから少し先に、国道の分岐があった。歩きはそのまま直進だが、高知方面へ車を進めるには、ここを右折した方が近道となるようだ。
それまで、わりと車が走っていたのだが、分岐以降は、すっかり静かになった。

「民宿椎名」から1時間半ほどで、写真の「おへんろさんお休み処」に到着した。

昨日、青森の野宿遍路さんがここに泊まる、と話していたのだが、無事に到着出来ただろうか。今日も会えるかなあ、と思っていたのだが、その後、姿を見掛けることはなかった。

ここの休憩所はわりと新しいので泊まりやすいのでは、と伝えていたのだが、前回利用した5年前と比べ、随分と朽ちてしまっている印象だ。

壁面にあった、お遍路さん伝言板、という、自由に書ける黒板も無くなってしまっていた。少し寂しいなあ、と思いつつ、一休みさせてもらった。  


Posted by こいったん at 22:23Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年09月17日

【3巡目-192】 24番最御崎寺、室戸岬、26番金剛頂寺、奈半利まで 〈その1〉[2016年11月20日]


午前6時から朝食をいただき、その後精算をしてもらう。宿代は、洗濯やビール代も入れて8500円と、少々高めだった。

昨夜、生見に車を止めて1600円くらい掛かりそう、という話をしていた所、次に来る時には、駐車場が広いから車を止めても良いよ、とのありがたい申し出があった。

出会ったお遍路さんに宣伝しても良い、との事だったので、ここに書き込みしても大丈夫だろう。

歩き遍路の中には、道端に何日間か車を止めて歩いている方もよくいるそうで、ダッシュボードにお遍路中と書いた紙などを置いておかないと、何かあったのでは、と地元の方が心配することになる、という話もしていた。

あまり出会ったことはないが、自分と同じように、車で四国へとやって来て歩いているお遍路さんもいるようである。

6時半過ぎ、女将さんに見送られて出発する。
朝焼けで、随分と良い眺めである。普段だったら、まだぐっすりと寝ている時間帯である。これ程綺麗な海を見ながら歩いた記憶は無い。

30分近く歩くと、「旅の宿椎名」と古い立札が掛けられた、野宿スポットがあった。古いバス停のような小屋に、布団が用意されている。ここで寝るには勇気が要りそうである。

そこからさらに30分程で、「室戸世界ジオパークセンター」に到着した。5年前には無かった建物である。
学校の体育館のような建物があるので、廃校を活用した施設だろうか。  


Posted by こいったん at 23:55Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年09月15日

【3巡目-191】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その9〉[2016年11月19日]

部屋の入口には、名前とお疲れさまです、などと書かれた貼り紙がしてあった。こういった配慮はうれしい。

部屋でくつろいでいると、銅鑼が鳴った。
玄関先には、旦那さんがかつて漁の時に使っていたという銅鑼が置いてあり、宿の方を呼び出す時に使うようにしているそうである。

もう一組の宿泊客で、奈良県から来られた6~70代くらいの車遍路のご夫婦が鳴らしていた。

夕食は、午後6時過ぎだった。かつては喫茶店(今も?)だったような食堂へ。

女将さんや奈良のご夫婦と話をしながらの食事となった。結構ボリュームがあったが、お二人ともしっかり完食していたのには驚いた。

朝食は何時でも良い、と言ってもらえたので、朝6時でお願いした。


民宿椎名:一泊二食、洗濯とビール一本で 8500円。1階8畳。
      ※シーツあり、浴衣・お茶なし。外に自販機あり。洗濯は、宿の方にお願いする。朝食は希望の時間に。
       宿泊客:歩き遍路1人、車遍路1組(2人)
第37回 ☆旨いもん!☆ブログトーナメント - その他ブログ村
第37回 ☆旨いもん!☆ブログトーナメント  


Posted by こいったん at 21:47Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年09月12日

【3巡目-190】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その8〉[2016年11月19日]

夫婦岩を出発する。
懐かしの荒神橋バス停にたどり着いた。

突堤にデジカメを置いて、セルフタイマーで記念撮影をする。
上半身はTシャツ、下半身は冬用のズボン、とちぐはぐだった。衣類の調整が難しい。

国道をのんびり歩いていると、一台の軽自動車が止まり、声を掛けてくれた。
今日泊まる予定の、「民宿椎名」の女将さんだった。荷物を運びましょうか、という申し出だった。わざわざ探しに来てくれたのだろうか。

午後4時を回った頃、宿に到着した。わりと早めの到着である。

国道から旧道が分岐する場所にあり、すぐに発見出来た。何となく記憶にもある。 

へんろ地図には最近掲載されたようなので、あまり知られていない宿なのかと思ったが、先達推薦の宿、の札が掲げられている。知る人ぞ知る、宿なのだろうか。



本日のコースタイム

自宅19:34→icon17→金沢東IC→icon17→19日0:51淡路島南PA6:04→icon17→徳島IC→7:31道の駅日和佐7:40→icon17→8:43東洋町生見中央駐車場

東洋町生見8:56→9:51野根大橋→11:08法海上人堂11:22→15:24夫婦岩15:43→16:14民宿椎名


歩行距離:25.0km
 歩数  :35787歩
最高気温:20.8℃
最低気温:14.3℃[室戸岬]  


Posted by こいったん at 20:22Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年09月09日

【3巡目-189】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その7〉[2016年11月19日]

「ロッジおざき」のある尾崎集落は、これまで歩いたことがない、旧道の方を選択してみた。
特に変わったことは無かったが、出会った地元の方とあいさつを交わす。

再び国道に出て少し進むと、「民宿徳増」がある。一度泊まってみたいと思いつつ、今回も機会に恵まれなかった。
時刻はまだ、午後3時過ぎである。

この辺りにはもう民家などはないのだが、夫婦岩の少し手前に、ポツンと一軒のドライブインが見えてきた。営業はしている様子である。
歩き遍路が昼過ぎにこの辺りを通り掛かることは無さそうなので、なかなか利用する機会は無いかも知れないが、どのような店なのだろうか。

夫婦岩に到着し、一休みすることにした。
崩壊の危険だろうか、中に入ることは出来ないようになっていた。ここで野宿出来ると聞いたことがあるような気もするが、もう無理そうである。

ここは、一巡目の初めての遍路の時に、まだ歩きたかったところを泣く泣く区切った場所でもあり、特別な場所である。この先の荒神橋バス停から帰宅した。

天候が回復しており、室戸岬方面を眺めると、西日に照らされて海が輝いていた。
今日の宿までは、あと2kmちょっとである。時間もあることから、ゆっくりと休憩した。  


Posted by こいったん at 22:43Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年09月06日

【3巡目-188】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その6〉[2016年11月19日]

室戸岬へ向かう話に戻ります。現在、佐喜浜の集落外れまで来たところです。


水産工場前のベンチで休んでいると、少し遅れて青森の方もやって来た。

先程、学校の校庭で休んでいたのはやはり青森の方だったそうで、こちらに気付いて手を振ろうかと思ったが、学校に保護者の方たちが来ていたので変に思われても、と話していた。

佐喜浜の旧道を進み、食堂には入らなかったものの、スーパーがあったので、そこで夕食の分も含めて食料を調達出来た、との事だった。

また、今日の寝場所を探していたので、持っていた善根宿情報の一覧をお見せした。

室戸岬の手前の三津漁港そばに小さな東屋があったので、そこが良いのでは、とお伝えした。距離的にも歩けそうなので、そこへ行ってみる、との事で、先に出発していった。

人柄が良さそうな方だったので、こうやって色々な人たちから情報をもらいながら、1番から歩いて来られたのだろう。

自分が予約していた「民宿椎名」よりもさらに5kmほど先となるが、無事に歩いて帰宅出来ただろうか。
これが、最後の出会いとなった。

佐喜浜の町外れのベンチを出る。すぐに国道と旧道に分かれるので、今度は旧道の方を進む。

国道に再び戻って来ると、畑に、奇異なほどペットボトルがぶら下がっていた。鳥よけだろうか。  


Posted by こいったん at 21:25Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年08月25日

【3巡目-187】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その5〉[2016年11月19日]

青森の方が先に出発して行った。こちらも早々に出立する。元気なチャリダーが、大きく手を振って挨拶してくれる。

野根の町以来、久々の集落となる入木へとやって来た。小さな集落である。野根からは3時間程だった。

集落へは旧道を入っていくが、今回は国道をそのまま直進する。
「仏海庵」があるはずだが、と少し探して見るが、見つからなかった。どうやら、旧道沿いだったようである。
この国道の歩道には、数メートル単位でこれまで見たこともないくらい、犬の糞が大量に残されていた。きっと、同じ犬が毎日のようにしているのだろう。

この辺りからは、海が見えなくなってくる。
佐喜浜の町への旧道の分岐となるが、まだ歩いたことがない、国道を進んでみることにする。

学校があり、広い校庭の先のベンチに、誰かが休んでいる姿が見えた。上半身、裸になっているようにも見える。青森の方だろうか、ちょっと距離があり分からなかった。

国道沿いには、食品も売っているような酒屋と、おもてなしステーションのステッカーが貼ってある喫茶店があり、利用出来そうなお店であった。

街外れまでやって来ると、水産工場の前の道路にベンチがあり、近くに自販機もあったので、ここで一休みすることにした。
11月にも関わらず暑くて、汗をかきながらの歩きである。  


Posted by こいったん at 14:51Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年08月22日

【3巡目-186】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その4〉[2016年11月19日]

「法海上人堂」を出発し、再び海を眺めながら歩き続ける。

東洋町から室戸市への境界に差し掛かった。

余談だが、地理的に東洋町は徳島県の方がしっくりくると思うのだが、高知県に属しているのは、何か歴史的なものがあるのだろうか。甲浦などは、徳島県の海南、海部、宍喰の延長上にある。

町境には、わずかな平地部分に田んぼと作業小屋があるのが印象的で、記憶にもしっかり残っているのだが、もう何年も休耕田になっているような状態になっていた。ついに耕す人がいなくなってしまったのか、と残念に思う。

ただ、春にこの場所を車で通りかかってチラッと見た時には、人の手が入っているようにも見えたので、単なる勘違いかも知れない。

室戸市に入っても、ひたすら海岸沿いを歩いていく。

法海上人堂を出てから30分程で、東屋のある休憩所に到着した。
ここは、正方形の大きなベンチがある形なので、荷物を下ろして休みやすくなっている。
先発した青森のお遍路さんが既に休憩していた。

この先の食事スポットを聞かれたので、このまま遍路道を進むなら、佐喜浜に小さな食堂や、確かスーパーがあることを伝える。

何と、へんろ地図を持たずに歩いている、との事だったので、紙面を一緒に見ながら説明をする。  


Posted by こいったん at 22:14Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年08月19日

【3巡目-185】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その3〉[2016年11月19日]

野根の町外れから20分ほど歩いた所で、ゴロゴロ休憩所があった。東屋もあるので、ここで一休み。自宅から持ってきたバナナを食べる。

この休憩所には公衆電話が設置されており、地名が「野根ゴロゴロ」となっていた。面白いので、写真を撮る。

再び歩き始める。歩道は山側にあることもある。車の方には申し訳ないが、海を眺めながら歩くことが出来る、海側を歩かせてもらう。

ゴロゴロ休憩所から30分強歩いただろうか、「法海上人堂」に到着した。人家の無い区間の中間地点のような場所にある。
ベンチなどは見当たらなかったが、そこら辺に荷物を置いて一休みする。

別の荷物が置いてあり、トイレを終えてお遍路さんがやって来た。先程、遠くで歩いている姿を見掛けた方である。ちょっと声を掛けてみる。

青森県から来られたそうで、1番霊山寺を出発し、野宿をしたり善根宿に泊まりながら、ここまで来たそうである。
今日は、宍喰の道の駅から出発した、との事だった。
海部辺りで泊まっていたら、まだ後ろを歩いているはずだろう。

野宿の方にしては、小ぎれいな印象である。明日には帰宅する、との事であった。

他にも、逆打ちの方が到着し、天候が回復したこともあり、雨具を脱いで身支度を整え、出立していった。


かわうそ君、発見されましたね。

かわうそと言えば、歩き遍路お馴染み「道の駅かわうその里すさき」を思い出します。

ニホンカワウソだったら、本当にうれしいです。

←このかわうそ君は、昔流行った、「伝染るんです」
  という四コマ漫画のキャラクターです。
  嫉妬深いカワウソでした(笑)
  


Posted by こいったん at 22:48Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年08月16日

【3巡目-184】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その2〉[2016年11月19日]

「野根」といえば、野根まんぢうで有名なはずなのだが、饅頭屋さんは一軒しか見掛けなかった気がする。
コンビニなどは、宍喰から先には無い。

野根の集落を過ぎ、川を渡る。水は透き通っておりとてもきれいである。高知県の川は、どれも美しい。

海岸沿いの道から丘の方へと入っていく。気象異常時には通行止区間へと入る。

廃ガソリンスタンドがあり、そこに自販機が置いてあった。ここから入木の集落まで自販機は無いが、12年前に比べると、自販機が無い区間距離は縮まっている。真夏以外は、特別な準備は必要ないのかも知れない。

「伏越ノ鼻」を過ぎ数分歩くと、再び太平洋が広がる。ここからは、海とアスファルトだけを見ながら、ただひたすら歩くことになる。

先程の小雨で路面は濡れているが、幸い、その後雨に打たれることは無かった。降るのと降らないのでは、大違いである。

三回目の歩きとなるが、不思議なことに、この単調な道は退屈することがない。

よく見ると、前方、かなり遠くに、歩いている人の姿が見える。お遍路さんのようである。
後で、何度か会うことになる、青森県からの野宿遍路さんである。  


Posted by こいったん at 21:53Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年08月13日

【3巡目-183】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その1〉[2016年11月19日]

東洋町役場前の駐車場に車を止める。他に数台の車が止まっていた。関西からのサーファー客のようである。

遍路衣装を身に着け、午前9時頃に出発した。
空は明るいが、パラパラと雨が降っている。雨具を着けるほどではない。

国道55号線を進む。へんろ地図には掲載されていないが、東海図版の地図には載っている「民宿中尾」がある。宿はやっているのだろうか。

この辺りは、5年半前のお盆遍路の時に、大阪のMさんと出会った場所である。前方をゆっくりと歩かれていた。肉刺が随分とひどくなり、途中で遍路を中断されたが、今もお元気だろうか。

生見の街を過ぎる。道端に東屋があったので、今日の宿の予約の電話を掛ける。

この時間だったら、「民宿徳増」までは余裕で行けるだろう、かといって室戸岬まではたどり着けない。そこで、最近へんろ地図に掲載されるようになった、「民宿椎名」に連絡してみると、無事に予約をすることが出来た。

トンネルを抜けると、野根の集落となる。
これまでは旧道の方を歩いてきたはずなので、今回は国道をそのまま進むことにした。

野根キッチンという、古い倉庫を改造したような店があり、地元の方だろうか、人が集まっており、腹ごしらえが出来る場所なのかも知れない。
今回は、車で通りかかった宍喰のコンビニで昼食などを調達しておいたので、そのまま通過する。  


Posted by こいったん at 22:50Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年08月10日

【3巡目-182】 第23回 区切り打ち 出発[2016年11月18・19日]

←今回の出発は、246,970kmでした。
  目指せ!30万㎞です。

仕事を終えてから、自宅に帰宅。入浴と準備、荷物を積み込み、午後7時半に金沢を出発しました。

近くの金沢東ICから高速道路に乗り、敦賀からは舞鶴若狭自動車道へ。
香川ナンバーのトラックをペースメーカーにして走り、西紀SAへ。味噌ラーメンセットを注文し、夕食としました。夜の23時過ぎです。

夏遍路の時にここのSAの食事処に立ち寄った時には人が結構いたのですが、今日は何と貸し切り。
普通の金曜日の夜は、こんなものでしょうか。

明石海峡大橋を渡り、深夜1時前に淡路島南PAに到着、ここで車中泊することにしました。他に一般車は10台ほど止まっていました。

翌朝は6時過ぎに出発、徳島ICで高速を降り、国道55号線を走り、途中「道の駅日和佐」で休憩、東洋町生見に到着したのは、午前8時43分でした。

前回の夏遍路で確認しておいた駐車場に車を止めるが、何と、駐車料金が大幅値上げをしており、驚いてしまった。

確か、1回410円だったはずが、1日640円、12時間320円となっていた。
二日半、止めさせてもらおうかと考えていたので、410円と思っていたら、1600円掛かることになる。

他の駐車場を探すとしてもあるはずはなく、大幅な時間のロスとなるだろう。かといって、そこら辺に止めて置くのも不用心なので、最初から決めていた、ここに止めさせてもらうことにした。
まるで、市内中心部の駐車料金である。  


Posted by こいったん at 22:38Comments(0)お遍路 第三拝(高知)