2017年08月19日

【3巡目-185】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その3〉[2016年11月19日]

野根の町外れから20分ほど歩いた所で、ゴロゴロ休憩所があった。東屋もあるので、ここで一休み。自宅から持ってきたバナナを食べる。

この休憩所には公衆電話が設置されており、地名が「野根ゴロゴロ」となっていた。面白いので、写真を撮る。

再び歩き始める。歩道は山側にあることもある。車の方には申し訳ないが、海を眺めながら歩くことが出来る、海側を歩かせてもらう。

ゴロゴロ休憩所から30分強歩いただろうか、「法海上人堂」に到着した。人家の無い区間の中間地点のような場所にある。
ベンチなどは見当たらなかったが、そこら辺に荷物を置いて一休みする。

別の荷物が置いてあり、トイレを終えてお遍路さんがやって来た。先程、遠くで歩いている姿を見掛けた方である。ちょっと声を掛けてみる。

青森県から来られたそうで、1番霊山寺を出発し、野宿をしたり善根宿に泊まりながら、ここまで来たそうである。
今日は、宍喰の道の駅から出発した、との事だった。
海部辺りで泊まっていたら、まだ後ろを歩いているはずだろう。

野宿の方にしては、小ぎれいな印象である。明日には帰宅する、との事であった。

他にも、逆打ちの方が到着し、天候が回復したこともあり、雨具を脱いで身支度を整え、出立していった。


かわうそ君、発見されましたね。

かわうそと言えば、歩き遍路お馴染み「道の駅かわうその里すさき」を思い出します。

ニホンカワウソだったら、本当にうれしいです。

←このかわうそ君は、昔流行った、「伝染るんです」
  という四コマ漫画のキャラクターです。
  嫉妬深いカワウソでした(笑)
  


Posted by こいったん at 22:48Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年08月16日

【3巡目-184】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その2〉[2016年11月19日]

「野根」といえば、野根まんぢうで有名なはずなのだが、饅頭屋さんは一軒しか見掛けなかった気がする。
コンビニなどは、宍喰から先には無い。

野根の集落を過ぎ、川を渡る。水は透き通っておりとてもきれいである。高知県の川は、どれも美しい。

海岸沿いの道から丘の方へと入っていく。気象異常時には通行止区間へと入る。

廃ガソリンスタンドがあり、そこに自販機が置いてあった。ここから入木の集落まで自販機は無いが、12年前に比べると、自販機が無い区間距離は縮まっている。真夏以外は、特別な準備は必要ないのかも知れない。

「伏越ノ鼻」を過ぎ数分歩くと、再び太平洋が広がる。ここからは、海とアスファルトだけを見ながら、ただひたすら歩くことになる。

先程の小雨で路面は濡れているが、幸い、その後雨に打たれることは無かった。降るのと降らないのでは、大違いである。

三回目の歩きとなるが、不思議なことに、この単調な道は退屈することがない。

よく見ると、前方、かなり遠くに、歩いている人の姿が見える。お遍路さんのようである。
後で、何度か会うことになる、青森県からの野宿遍路さんである。  


Posted by こいったん at 21:53Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年08月13日

【3巡目-183】 生見から、野根、佐喜浜、椎名まで 〈その1〉[2016年11月19日]

東洋町役場前の駐車場に車を止める。他に数台の車が止まっていた。関西からのサーファー客のようである。

遍路衣装を身に着け、午前9時頃に出発した。
空は明るいが、パラパラと雨が降っている。雨具を着けるほどではない。

国道55号線を進む。へんろ地図には掲載されていないが、東海図版の地図には載っている「民宿中尾」がある。宿はやっているのだろうか。

この辺りは、5年半前のお盆遍路の時に、大阪のMさんと出会った場所である。前方をゆっくりと歩かれていた。肉刺が随分とひどくなり、途中で遍路を中断されたが、今もお元気だろうか。

生見の街を過ぎる。道端に東屋があったので、今日の宿の予約の電話を掛ける。

この時間だったら、「民宿徳増」までは余裕で行けるだろう、かといって室戸岬まではたどり着けない。そこで、最近へんろ地図に掲載されるようになった、「民宿椎名」に連絡してみると、無事に予約をすることが出来た。

トンネルを抜けると、野根の集落となる。
これまでは旧道の方を歩いてきたはずなので、今回は国道をそのまま進むことにした。

野根キッチンという、古い倉庫を改造したような店があり、地元の方だろうか、人が集まっており、腹ごしらえが出来る場所なのかも知れない。
今回は、車で通りかかった宍喰のコンビニで昼食などを調達しておいたので、そのまま通過する。  


Posted by こいったん at 22:50Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2017年08月10日

【3巡目-182】 第23回 区切り打ち 出発[2016年11月18・19日]

←今回の出発は、246,970kmでした。
  目指せ!30万㎞です。

仕事を終えてから、自宅に帰宅。入浴と準備、荷物を積み込み、午後7時半に金沢を出発しました。

近くの金沢東ICから高速道路に乗り、敦賀からは舞鶴若狭自動車道へ。
香川ナンバーのトラックをペースメーカーにして走り、西紀SAへ。味噌ラーメンセットを注文し、夕食としました。夜の23時過ぎです。

夏遍路の時にここのSAの食事処に立ち寄った時には人が結構いたのですが、今日は何と貸し切り。
普通の金曜日の夜は、こんなものでしょうか。

明石海峡大橋を渡り、深夜1時前に淡路島南PAに到着、ここで車中泊することにしました。他に一般車は10台ほど止まっていました。

翌朝は6時過ぎに出発、徳島ICで高速を降り、国道55号線を走り、途中「道の駅日和佐」で休憩、東洋町生見に到着したのは、午前8時43分でした。

前回の夏遍路で確認しておいた駐車場に車を止めるが、何と、駐車料金が大幅値上げをしており、驚いてしまった。

確か、1回410円だったはずが、1日640円、12時間320円となっていた。
二日半、止めさせてもらおうかと考えていたので、410円と思っていたら、1600円掛かることになる。

他の駐車場を探すとしてもあるはずはなく、大幅な時間のロスとなるだろう。かといって、そこら辺に止めて置くのも不用心なので、最初から決めていた、ここに止めさせてもらうことにした。
まるで、市内中心部の駐車料金である。  


Posted by こいったん at 22:38Comments(0)お遍路 第三拝(高知)