2017年11月29日

第15回 大和路まほろばツーデーウオーク(奈良県) [2017年11月25日・26日]

11月25・26日、奈良県橿原市や明日香村などで行われた、
「第15回 大和路まほろばツーデーウオーク」
に参加してきました。

奈良県は、中学校の修学旅行で、奈良公園や奈良ドリームランドには行きましたが、それ以来となります。
橿原市など、南の方には行ったことがありませんでした。

先週、「おわせ海・山ツーデーウオーク」に参加したばかりで、また出場。すっかりはまっています。

一日目、二日目とも、30kmのコースです。最長コースの参加者は、初日は300人、二日目は250人位でしょうか。

集合場所の橿原神宮。
名前も知らなかったのですが、随分と大きく立派な神社で驚きました。

一日目は、高取城という、日本百名城になっている山城へ登ったり、聖徳太子が生まれたというお寺(本当?)の前を通ったり、明日香村の長閑な風景を楽しみました。

唯一、聞いたことがあるというか、楽しみにしていた石舞台古墳も見学してきました。


二日目は、山の辺の道や崇神天皇陵を辿るコースです。

昨日も今日も、たくさんの名所・旧跡を巡り、ほとんど覚えきれません。知らなかった場所がこんなにあったとは。
大神神社は、結構な賑わいでした。

この日は平地が多く、いつものようにのんびりと歩いていたら、到着はビリから5番目だったみたいです。

一応、時速4kmペースで歩いてはいるのですが、他の参加者の歩くペースは速いですね。休憩もそこそこに歩いています。

肝心のパスポートを忘れてしまい、判子を押してもらえませんでした。歩き遍路で納経帳を持っていかなかったようなものです。

33年ぶりの奈良県からでした。
「遍路・巡礼」バナーをクリックして頂けるとうれしいです。
  


Posted by こいったん at 22:50Comments(0)ウオーキング大会

2017年11月20日

第14回 おわせ 海・山ツーデーウォーク(三重県) [2017年11月18日・19日]

この週末に、三重県尾鷲市で行われた、熊野古道の一部がコースになっている、
「第14回おわせ海・山ツーデーウォーク」
に参加してきました。

紀伊半島は未踏の地、三重県に行ったのも初めてで、これでまた、行ったことが無い県が一つ減りました。
道路標識に、「津」、とか出てくると、ワクワクしてました。



尾鷲市内にある、「熊野古道センター」を出発点に、1日目は「馬越峠」という、石畳の道が続く山道でした。
これが、初「熊野古道歩き」です。

尾鷲と言えば、雨が多い町。土壌の流出や草木の繁茂を防ぐため、石畳が多く使われたそうです。

雨降りの中、転倒に気を付けながらソロソロと歩きました。
140人程が、このコースを歩いたようです。

この日は、お隣の熊野市にある、「古民家ゲストハウス わがらん家」に宿泊しました。ゲストハウスに泊まるのも初めてです。一生懸命におもてなしをしてくれました。


2日目は、標高627mの「八鬼山越え」で、西国一の難所と呼ばれたそうです。

最近の歩き遍路では、ちょっとした山道でも息が切れるので少々不安でしたが、ノンストップで頂上へ行けました。
気温とか荷物が無いこと、一人ではなく、他の参加者がいることで違ってくるのでしょうか、不思議でした。

この道もやはり石畳が多く、四国とは違うなあ、という点です。

二日間とも、同じ敷地内にある「夢古道の湯」で疲れを癒しました。

先日の、富山県でのウオーキング大会に参加していた方との再会もあり、こういった大会を全国行脚されている人たちが結構いらっしゃるようです。

パスポートを購入し、スタンプを押してもらうことで、励みになっているのでは。


← 世界遺産に反対されていた方もいたようです。
  何本かこうした木がありました。  


Posted by こいったん at 14:16Comments(0)ウオーキング大会

2017年10月23日

第14回 氷見キトキトウオーキング(富山県) [2017年10月21日・22日]

10月21日(土)・22日(日)に、富山県氷見市で行われた、 第14回「氷見キトキトウオーキング」 に参加してきました。

「キトキト」というのは、富山弁で「新鮮」という意味で、「キトキトの魚」みたいな使い方をするようです。

1日目は30km、2日目は22kmと、長距離の歩きが出来そうなので、参加を決めました。

こういった行事は、6月に参加した、「加賀百万石ツーデーウオーク」以来です。
この時は老若男女、いろんな人たちが参加していた印象ですが、今回はウオーキングスタイルでばっちり決めた、70才くらいの方が圧倒的に多くて、ラフな格好の自分は浮いてました7

30kmコースには、100人弱くらいの方が参加していました。

天気が良ければ、富山湾からの立山連峰の素晴らしい眺めが期待出来るのですが、この日は残念ながらどんよりとした曇り空です。

参加者は歩きが速い方ばかりで、到着したのは、ビリから8番目位でした。

35~40km位あった方が、歩いたーという達成感があるのですが。

翌日の富山新聞には大々的に報道されていて、自分の姿が、写真の奥の方、豆粒のように写っていました。
48年間生きてきて初めて、新聞に顔が載りましたicon102


2日目、会場に到着すると、雨のため中止、という案内がありました。雨天中止とは聞いてません。
わざわざ金沢から時間を掛けて来たのに、このまま帰る訳にはいきませんicon106

同じようにガッカリしていたおじさんと知り合い、歩くはずだったコースを一緒に行ってみることに。
道しるべは設置されていたので、迷わずに歩けました。

氷見市は、新鮮な魚の他に、マンガの藤子不二雄Ⓐさんの出身地で、写真のように忍者ハットリくんのイラストや置物があちこちにありました。

暴風雨でずぶ濡れになりながらも22kmを歩き切り、苦労を共にしたおっちゃんとお別れしましたicon107  


Posted by こいったん at 23:40Comments(0)ウオーキング大会

2017年06月05日

第14回 加賀百万石ツーデーウオーク(石川県) [2017年6月3日・4日]

6月3日(土)・4日(日)に行われた、第14回「加賀百万石ツーデーウオーク」に参加してきました。

こういった行事に参加するのは、「予定」が苦手なこともあり初めてとなります。

参加を決めたのは、最長コースが、1日目は30km、2日目は24kmと、本格的な歩きが出来そうなので、ちょっとやってみようか、と思った訳です。

初日、会場へ向かうと、ウォーキングスタイルの人たちがたくさんいました。30kmを歩こう、という人がこれだけいるとは驚きました。
歩き遍路をしているならともかく、一般の人たちは歩き通せるものなのでしょうか。

←有名な「ひがし茶屋街」も、コースに入ってました。

1日目は、長町武家屋敷跡やにし茶屋街、忍者寺、前田家墓所を通る、30kmコース。

制限時間は7時間半、ということは時速4kmで歩かなくてはなりません。ちょっと厳しいかなあと思ったのですが、どの方も休憩もそこそこにひたすら歩いていたので、周りに合わせて歩き、6時間半で完歩しました。


2日目は、主計町、ひがし茶屋街、卯辰山、金沢大学、兼六園、金沢城公園などの24kmです。

距離ごとにコースがいくつかあり、最長コースに参加したのは、両日とも350人ずつくらいのようでした。

金沢市内の観光名所をほぼ網羅しているのではないでしょうか、充分に楽しめました。
まさか、「兼六園」の中まで歩けるとは思いませんでした。
写真は、金沢城公園でのイベントの様子です。

二日間ありますので、あっ、昨日見掛けた人だ、といったことがあるのが楽しかったですね。
来年もぜひ、参加したいと思います。  


Posted by こいったん at 13:51Comments(0)ウオーキング大会