2011年09月28日

【56】歩き遍路 9日目〈その2〉[2011年7月3日]

国道を離れ、旧由岐町方面に向かう。工事中の大きな道路が見えるが、建設中の日和佐道路のようだ。いずれは高速道路となるのだろうか。この辺り、車で来るには時間がかかる場所ではあるが、数十年後には今とは大きく変わってくるだろう。

由岐坂峠の少し手前に辺川休憩所という小さなへんろ小屋があったので、休ませてもらう。
峠を越えて旧由岐町に入り、下り坂のカーブが続く。この辺りは道路の改良が進んでいるようで、旧道部分の少し道路が広くなった部分を利用して休憩所がいくつかあった(と思う)。
峠を越えて、そろそろきれいな海が見えてくるかな、と思ったが、なかなか見ることが出来ない。

遍路シールに従って、由岐市街をパスする道へと右折する。今にして思えば、せっかくここまで来たのだから町内を経由した方が良かったかなあ。今日は、行けるなら鯖大師まで歩くことを考えていたので、少々急いでしまった。

田井の浜まで来ると、ようやく海を見渡すことが出来た。砂浜が広がり、海水浴客で賑わっていた。
少し浜辺を眺めてから先に進むと、再び静けさが戻って来た。パラパラと雨が降ってきたが、小雨だったのでそのまま歩き続ける。
トンネルをくぐって道を下ると、「木岐」というかわいらしい名前の港町である。雨はいつの間にか止んでいた。
わりと大きな集落である。独自の看板も充実しており、次の休憩所やトイレの場所を案内してくれている。

町内を縦断し、町外れに二階建ての遍路小屋があったので上に登り、海を見ながらゆっくり休憩することにした。

  


Posted by こいったん at 19:26Comments(0)お遍路 第二拝(徳島)