2018年01月19日

【3巡目-231】 夜須から、28番大日寺、30番善楽寺、高知市内まで 〈その7〉[2017年2月19日]


「松本大師堂」にて、久し振りにゆっくり、歩き遍路の方と話をする。

昨日は「住吉荘」に泊まっていたそうで、今日と明日は高知市内のビジネスホテルに泊まり、本日は土佐一宮駅までを計画している、との事だった。

もう少し休憩されるそうで、お先にと出立した。
のどかな田園風景の中を歩き、国道と線路を横断、JR土讃線の向こう側へと渡る。

大きな道路が完成し、コンビニが出来ていたのだが、随分と大きな休憩所を併設していた。
お遍路さん用だろうか。野宿スポットになりそうな気がする。雨の日などは大助かりだろう。

左手には、ぶどう園が経営しているのだろうか、大きなレジャー施設があり、スライダーが見えている。夏場には賑わうのだろう。

橋を渡ると左折して、堤防の上を進む。
「地蔵渡し」という渡船場跡があり、明治時代の途中までは、この渡し場が遍路道だったようである。

堤防から下りて、田んぼの広いあぜ道を進む。
後ろを歩いていた長野の方がドンドン近付いてきて、(29)国分寺の手前で追い付かれた。
速いですね、と声を掛けると、ゆっくり歩くと腰が痛くなる、と話していた。  


Posted by こいったん at 23:21Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2018年01月16日

【3巡目-230】 夜須から、28番大日寺、30番善楽寺、高知市内まで 〈その6〉[2017年2月19日]


(28)大日寺を出発する。

石段を下り、平地部分に出て、新興住宅地から昔からの集落の狭い路地を抜ける。
手作りの遍路札がよく見られた。

住宅が途切れると、田園風景が広がるようになる。県道を進み、「超カーブ」を過ぎると、大河と呼んでもよい、物部川の長い橋を渡る。

橋を渡ると、農村地帯となり、ビニールハウスが多く見られる。お墓が多いが、名もなき遍路の墓も交じっているのだろう。この辺りは、農道が遍路道となっている。

大日寺から歩き続けて1時間程で、「松本大師堂」が見えてきた。
ちょうど良い場所にある、休憩スポットである。

大師堂に到着すると、先程、大日寺で見掛けた歩き遍路さんが休んでいた。
ここまで姿が見えなかったので、てっきり逆打ちだろうと思っていた。

長野県の松本から来られたそうである。
初めての遍路旅、1番霊山寺から友人と歩き始め、数日前にその方は帰宅し、予定を延長して一人で歩いている、との事で、明後日には終えるそうである。

一昨日は、(27)神峯寺麓の「浜吉屋」に泊まったらしく、へんろ地図に掲載されなくなっていたが、営業は続けているようである。  


Posted by こいったん at 23:53Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2018年01月13日

【3巡目-229】 夜須から、28番大日寺、30番善楽寺、高知市内まで 〈その5〉[2017年2月19日]


野市の市街地を抜け、(28)大日寺への歩きの道の入口へとやって来た。
道しるべが風化してきており、初遍路の方だったらこの遍路道に気付かないだろう。

久し振りの、というか、今回の遍路旅で初の土道である。辰濃和男さん風に言うなら、靴が喜んでいる、といった所だろうか。

車道から続く石段に合流すると、下方に歩きの方の姿が見え、同じように大日寺へと向かっていた。
遍路衣装は身に着けていないが、歩き遍路さんだろう。自分の前後に歩いている人がいるとは思わなかった。

午前10時前、(28)大日寺に到着した。
境内には、きれいな花が咲いている。しだれ梅、になるのだろうか。

日曜日ということもあってか、ちらほらと参拝客が訪れていた。
お参りの後は、境内の一角で靴下を脱いで休憩させてもらった。

ここで、今日の宿を予約してみる。一度泊まってみたかった、「サンピア セリーズ」に電話をしてみた。

歩き遍路をしている者ですが、といつもの調子で話をし、夕食や朝食もお願いする。遍路割引致します、との事だったが、宿代が1万円を超えていたので、エッと思ったが、そのまま予約する。
後で分かったのだが、夕食は豪華なディナーとなっており、部屋代と食事代が同じくらいの値段となっていた。こんなに高い食事はしたことがないので、これもまた良い思い出となった。  


Posted by こいったん at 23:42Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2018年01月10日

【3巡目-228】 夜須から、28番大日寺、30番善楽寺、高知市内まで 〈その4〉[2017年2月19日]


国道沿いの向こう側には、遍路宿になるのだろうか、「かとり」の大きな建物が見られる。

この辺りには、等間隔で宿があるので便利なのだが、これから高知市内に入ってくると、宿の選択が難しくなってくる。

山の上のヨーロッパの城のような建物、そして田園風景の向こうに、高速道路のように車が行き交っているのが見える。
高知東部自動車道の無料区間の一部が完成したようである。
写真の場所で安芸方面からの車が国道に合流してくると、急に交通量が増えてきた。

電光掲示板には、「龍馬マラソン大会開催 高知市内通行止あり」と表示されている。今日、マラソンが行われるようだが、遍路道に通行止などは無いだろうか、あと、マラソン出場者で宿は満員ではないか、とまだ宿の予約はしていなかったので、少々心配になる。
おそらく、昨日だったら泊まれる宿は無かったかも知れないが、今日は大丈夫なのでは、という所で落ち着く。

サークルKがあったので立ち寄り、ホットコーヒーを買い、身体を温める。

「高知黒潮ホテル」の立派な建物が見えてくると、右手の旧道へと入って行く。このホテルには、日帰り入浴出来る「龍馬の湯」があり、6年前に利用させてもらっている。

野市市街へと入ってくる。
野市は以前、(28)大日寺を参拝後に区切った場所で、奈半利まで走っていた夜行バスの国虎号で往復したものだが、そのバスも短期間で廃止されてしまったようである。  


Posted by こいったん at 22:44Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2018年01月07日

【3巡目-227】 夜須から、28番大日寺、30番善楽寺、高知市内まで 〈その3〉[2017年2月19日]


旧道へと入り、岸本地区に入る。
岸本と言えば、道沿いに小学生の標語を書いた立杭があることで、記憶に大きく残っている。
「あいさつは心のトゲトゲひっこぬく」は、今でも暗唱出来る。

また立杭に会えるかと楽しみにしていたが、一向に見当たらない。注意深く探しながら歩いたのだが。
いつの間にか、隣町に着いてしまっていたから、立杭は全て引っこ抜かれてしまったのだろう、残念である。

岸本地区には、陸上自衛隊の高知駐屯地があったようなのだが、門だけは残っていたものの、すっきりとした更地となっていた。

赤岡地区へと入る。昔は商業で栄えたそうで、歴史ある街並みが続く。
10年ちょっと前には、赤岡町として、日本の市区町村の中で一番面積の小さい町だったことも、一時あったそうである。

この赤岡の保健センターの一角に、屋根付きの広い休憩所があったはずなのだが、ベンチ等は取り払われて休めなくなってしまっていた。

旧道は終了し、室戸岬から続く、国道55号線に出て来た。
高知市内が近付いてきて、片側二車線の広い道路となっている。  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 23:53Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2018年01月04日

【3巡目-226】 夜須から、28番大日寺、30番善楽寺、高知市内まで 〈その2〉[2017年2月19日]


「道の駅やす」を通過する。

通常の遍路道へ足を踏み出したが、東海図版の地図では別ルートとなっており、夜須の市街地を通る道に赤い点線がふってある。

この道を歩いてみよう、と思い、ほんの少しUターン、道の駅へと戻ることにした。

ちょうどタイミング良く、というか、戻る最中にお腹の調子が悪くなってきて、道の駅のトイレを利用した。ついでに一休みもする。
毎回のように、朝方、下痢気味になってしまう。朝食は抜いた方が良いのかも知れない。

国道を横断し、市街地方面へ。
遍路シールなど無いので、写真の場所で左折してみる。狭い路地を抜けると、旧道っぽい雰囲気の道となってきた。

電信柱に、マニアックな遍路道で見掛ける、緑色のガムテープが貼ってあった。やはり歩いている人はいるものである。

町内清掃の日だろうか、地域の方たちが朝早くから道端の掃除をしている。定期的に行われているのだろう、道路に埃っぽさは無かった。
一旦、国道に出て、再び旧道へと入って行った。  


Posted by こいったん at 22:43Comments(0)お遍路 第三拝(高知)

2018年01月02日

【番外】謹賀新年 2018

新年、あけましておめでとうございます。

本年も、 「あぜ道コロコロ歩き旅」をよろしくお願い致します。


以前にも書いたのですが、お遍路中に、「あぜ道コロコロ」の方ですか? とか、遍路後に、あの時の〇〇さんですか? などといった事が無いかなあ、と思っているのですが、未だ念願かなわず・・・です。

まあ、ぼちぼちやっていきましょう。

現在の記事では、高知市内に向かって歩いている所ですが、43番の明石寺まで歩き進んでいますので、まだまだブログは続けていきます。


年末年始は北海道へ。先程、帰って来ました。写真は、道南地方の海岸沿いをグルっとドライブした時のものです。江差町付近でしょうか。

あと、年末最後の記事で「遍路・巡礼」バナーのクリックをお願いした所、たくさんの方々がポチっとして下さいました。ありがとうございます。嬉しかったです。  
タグ :歩き遍路


Posted by こいったん at 22:08その他