2018年03月16日

【番外】 印象に残ったお寺

昨冬の記事が終わりましたので、閑話休題。


印象に残ったお寺についてです。
これまで、88の札所はもちろん、別格のお寺は途中から参拝を始め、あと出石寺・文殊院・西山興隆寺・生木地蔵の4寺で108箇所満願となります。

104寺の中で、印象に残ったお寺と言えば・・・

まだお寺の良さ、というものが分かる境地には至っておらず、どのお寺も同じ印象です。が、一か所だけ例外が。

別格第十五番「箸蔵寺」です。
ここだけは、もう一度訪ねたいという気持ちになります。

人気の無い、山の中腹から突然立派な参道が始まる。きっとここを歩くのは、数日に数人の歩き遍路だけかも。それでも、綺麗に整備されていました。

不思議な赤い屋根の橋を渡る。
玉垣には、大連の地名も見られ、過去の栄華が偲ばれました。

本殿には天狗の額が掲げられている、何とも不思議な感じがするお寺です。
このお寺から続いている、箸蔵街道も歩いてみたいですね。

皆さんの特に印象に残っているお寺はどこでしょうか?

逆に、よろしくないお寺と言えば・・・××寺ですかね。
やたらと多い注意書きに、気持ちも盛り下がってしまいます。17時になったら固く門を閉ざしてしまう所も。


次回からは、昨年のゴールデンウィークに、(32)禅師峰寺から、(37)岩本寺を越えて、土佐入野駅まで歩いた記事となります。黛まどかさんと出会いますよ。  


Posted by こいったん at 23:56Comments(0)歩き遍路 トピックス