2012年05月23日

【126】歩き遍路16日目〈10〉[2011年9月11日]

夕方ともなると、疲れがドッと出てくる。ダラダラと来た道を引き返した。
(35)清滝寺からしばらくは、両側にお墓が並んでいる。何気なく日付と名前を見ていると、一人に付き一基の墓が作られているような感じがした。普通だったら、一家に一基のはずなのだが。
年齢を見ていると、自分と同じような年の人のものもある。昔だから、今ほど長生き出来なかったとは思うが、せつなくなってくる。

平地に出て少し進むと、休憩所らしき物があり、二人くらいのお遍路さんがテントを張っていた。どうやら野宿の方のようだ。どこに泊まる?と聞かれ、宿に泊まります、と答えた。自分がそこに泊まるとしたら場所がもう無さそうだったので、心配になったのだろうか。

田んぼの広がる見通しの良い場所まで来ると、遠くに神戸のお兄さんが歩いている姿が見えた。かなり前に出発したはずなのだが、ゆっくりしているなあ。彼を見かけたのは、これが最後となった。

土佐市高岡の市街に入ってからは、明日の朝に乗るバス停の目星をつけ、発車時刻の確認をしながら歩く。
どこのバス停が宿から一番近いのか分からないからだ。

桂浜行きや長浜行きなどたくさんの行き先があり、どのバスが高知市内へ行くのか分からない。とりあえず、一番本数の多い、高知営業所行きに乗ることにした。

帰ってから調べると、どのバスも一旦高知市内に入り、その後郊外へと向かっているようだった。運行本数はかなり多くなっている。

斜め向かいのファミリーマートで買い物をしてから、今日の宿「ビジネスイン土佐」に入った。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(高知))の記事画像
【203】歩き遍路25日目〈その5〉[2012年4月14日]
【202】歩き遍路25日目〈その4〉[2012年4月14日]
【201】歩き遍路25日目〈その3〉[2012年4月14日]
【200】歩き遍路25日目〈その2〉[2012年4月14日]
【199】歩き遍路25日目〈その1〉[2012年4月14日]
【198】歩き遍路24日目〈10〉[2012年4月13日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(高知))の記事
 【203】歩き遍路25日目〈その5〉[2012年4月14日] (2013-02-05 22:05)
 【202】歩き遍路25日目〈その4〉[2012年4月14日] (2013-02-02 22:22)
 【201】歩き遍路25日目〈その3〉[2012年4月14日] (2013-01-30 22:25)
 【200】歩き遍路25日目〈その2〉[2012年4月14日] (2013-01-27 21:41)
 【199】歩き遍路25日目〈その1〉[2012年4月14日] (2013-01-24 21:30)
 【198】歩き遍路24日目〈10〉[2012年4月13日] (2013-01-17 22:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。