2012年01月15日

2012冬 北海道 車の旅 〈その3〉 [フェリーにて]

1月2日の深夜に、苫小牧から八戸行きのフェリーに乗船しました。

この時期のフェリーの難点の一つに、寝る場所の確保があります。二等寝台がなかったので、二等を選びました。案の定、乗船して客室を周りましたがどこも一杯! 船員さんに話をすると上にも二等がありますよ、との事で階段を上ると、展望室を臨時に開放しており、まだ空いたスペースがたくさんありました。

角に陣取って酒を飲んで上機嫌そうなおじさんに声を掛けて、隣のスペースを確保しました。
その内、このおじさんとの会話が始まりました。この方、何と福島の原発で働いたそうです。一日4時間、月に20日間の労働、どれくらいの期間働いたのかは聞き逃しましたが、浴びた放射線が基準に達したため、現在は、三陸地方でがれき処理に従事しているとの事でした。

月にもらっていた給料を聞いてビックリ、自分の薄給に換算すると、4~5か月分に相当するでしょうか。会社の業務命令で働いていたようなので、多いのかもしれません。
話題となっていたピンハネについて伺ってみると、ウチの会社はそんな事せんわ~、との事でした。

既に消灯時間を過ぎていたので、話しはお開きとしました。もっと色々な話を聞きたかったなぁ、と思いました。
こういった出会いも、旅の楽しみの一つです。

翌朝、目覚めるとすぐに下船の準備となったため、あっけなくお別れとなりました。

おじさんの健闘を、遠い空からお祈りしています。
[2012年1月2・3日]


同じカテゴリー(旅行(温泉・銭湯他))の記事画像
北海道の温泉(20) 然別峡温泉「鹿の湯」
北海道の温泉(19) ぬかびら温泉「湯元館」
北海道の温泉(18) 十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」
北海道の温泉(17) しんしのつ温泉「たっぷの湯」
北海道の温泉(16) コタン温泉「コタン温泉露天風呂」
北海道の温泉(15) ながぬま温泉「ながぬま温泉」
同じカテゴリー(旅行(温泉・銭湯他))の記事
 北海道の温泉(20) 然別峡温泉「鹿の湯」 (2016-02-29 19:44)
 北海道の温泉(19) ぬかびら温泉「湯元館」 (2016-02-26 22:58)
 北海道の温泉(18) 十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」 (2016-02-24 19:39)
 北海道の温泉(17) しんしのつ温泉「たっぷの湯」 (2016-02-22 20:20)
 北海道の温泉(16) コタン温泉「コタン温泉露天風呂」 (2014-11-17 19:22)
 北海道の温泉(15) ながぬま温泉「ながぬま温泉」 (2014-11-16 20:42)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。