2012年01月13日

2012冬 北海道 車の旅 〈その2〉 [秘境駅]

北海道の中心からやや北東の方角に白滝村(現遠軽町)という小さな村があります。ここには、一日数本の列車しか止まらない小駅がいくつかあることから、訪ねてみることにしました。

まずは、名前に魅かれて「旧白滝駅」を目指します。

国道沿いにホームがあり、すぐに見つかりました。国道といっても、車はたまにしか通りません。雪のため駅前までは行けそうにありませんでした。歩けば大丈夫でしょう。
小さな小屋は待合所でしょうか。

次は少し手前の「下白滝駅」です。

駅舎がぽつんと建っていました。なかなかの風情です。右の建物は廃屋で、窓ガラスは割れて、中が丸見えでした。生活の跡が残っていました。

左側手前には、大きな犬小屋のようなものがたくさん並んでいました。よく見ると、牛が入っていました。車が何台か止まっており、会社組織となっているようです。このため、駅周辺には人気が全くないといった雰囲気ではないのですが、人の住む家は見当たりませんでした。

駅舎に入ると時刻表がありました。朝に1本、午後に3本の列車だけが来るようです。

駅ノートが置いてあり、この駅を訪ねてきた人たちが書き置きを残していました。

山の方に向かい、白滝村の中心地を通り、次の駅が「上白滝駅」です。

この辺りには、数軒の人家がありました。駅舎の鄙びた感じは下白滝駅と似ています。
この駅には朝1本・夕方1本の1往復の列車しか止まらないようです。


ここからはさらに奥へと進み、以前「奥白滝駅」があった場所を目指します。
数年前に廃駅となっています。何でも、周囲に人が住まなくなって、廃駅になったとか。

車一台が通ったと思われるわだちが残っていたので、駅舎までたどり着くことが出来ました。一台の車が止まっており、他にも見学者か?と思いつつホームに出てみると、遠くで保線の方が作業をしていました。この方々の車のようでした。

駅があることからも、昔は周囲にそれなりに人が住んでいたと思うのですが‥今は一面、雪に覆われて、疎らに木が生えているだけでした。
[2011年12月30日]


同じカテゴリー(旅行(温泉・銭湯他))の記事画像
北海道の温泉(20) 然別峡温泉「鹿の湯」
北海道の温泉(19) ぬかびら温泉「湯元館」
北海道の温泉(18) 十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」
北海道の温泉(17) しんしのつ温泉「たっぷの湯」
北海道の温泉(16) コタン温泉「コタン温泉露天風呂」
北海道の温泉(15) ながぬま温泉「ながぬま温泉」
同じカテゴリー(旅行(温泉・銭湯他))の記事
 北海道の温泉(20) 然別峡温泉「鹿の湯」 (2016-02-29 19:44)
 北海道の温泉(19) ぬかびら温泉「湯元館」 (2016-02-26 22:58)
 北海道の温泉(18) 十勝岳温泉「湯元 凌雲閣」 (2016-02-24 19:39)
 北海道の温泉(17) しんしのつ温泉「たっぷの湯」 (2016-02-22 20:20)
 北海道の温泉(16) コタン温泉「コタン温泉露天風呂」 (2014-11-17 19:22)
 北海道の温泉(15) ながぬま温泉「ながぬま温泉」 (2014-11-16 20:42)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。