2011年04月26日

【27】歩き遍路 3日目〈その12〉[2011年2月13日]

←植村旅館

1階には二部屋。食事をする部屋があり、その隣が我々の泊まる部屋である。
自室に入るには、食事部屋を通る仕組みとなっている。

茨城のOさんの後に入浴し、食事部屋を通ると、すでに夕食が始まっていた。
本日の宿泊者は、Oさん・山形のSさん・滋賀のTさん・三重のRさん・自分の5名である。

4人とも、通し打ちである。普通なら肉刺が出来た、とか脚が痛い、疲れたなど話題に上ってもいいはずなのだが、皆さん至って元気である。6年前の自分の姿とは大違いであり、健脚揃いだ。
後日談になるが、その後もこの4人の皆さんは、リタイヤすることなく、元気に歩き続けたそうである。

今日が今回の遍路旅、最後の夜である。
Oさんはいつも夕食の時、熱燗をたしなんでいる。自分も久しぶりに日本酒を飲むことにした。

Sさんは熊野古道を歩いたこともあるそうだ。熊野古道と言えば、色々な道があり、どうやって一周するのかよく分からなかったのだが、紀伊半島の各地から内陸にあるお寺に向かう道であり、四国遍路のようにグルリと周る訳では無いそうだ。

Tさんは、どちらかと言えば、無口で物静かな印象の方である。滋賀県の北部、北陸寄りの所にお住いで、61才との事(後で納札を交換して知った)。

Rさんは、伝え聞きではあるが、仕事を辞めて自宅の寺を継ぐことになっているそうで、(12)焼山寺への山道では、お経を唱えながら登っていたそうだ。20代後半か30代前半の方かと思ったが、後で自分より年上の46才と知ってビックリした。

食事を終え、隣の自室に戻る。お互いに明日の準備や書き物をしてマイペースに過ごす。
途中、2階から山形のSさんが下りてきて、一緒に焼山寺を越えた記念に、と納札を交換するために部屋へ来てくれた。

準備が終わると、OさんはNHKの大河ドラマ「江」を見ていた。
何とも平和に夜は更けていく。


 植村旅館:一泊二食 6800円(相部屋料金) ※一人の場合は若干プラス
    宿泊客:歩き遍路5名



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(徳島))の記事画像
【71】歩き遍路 11日目〈その1〉[2011年8月13日]
【70】歩き遍路 10日目〈その4〉[2011年8月12日]
【69】歩き遍路 10日目〈その3〉[2011年8月12日]
【68】歩き遍路 10日目〈その2〉[2011年8月12日]
【67】歩き遍路 10日目〈その1〉[2011年8月12日]
【66】第14回 区切り打ち 出発[2011年8月12日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(徳島))の記事
 【71】歩き遍路 11日目〈その1〉[2011年8月13日] (2011-10-30 16:27)
 【70】歩き遍路 10日目〈その4〉[2011年8月12日] (2011-10-28 19:37)
 【69】歩き遍路 10日目〈その3〉[2011年8月12日] (2011-10-25 19:51)
 【68】歩き遍路 10日目〈その2〉[2011年8月12日] (2011-10-23 20:58)
 【67】歩き遍路 10日目〈その1〉[2011年8月12日] (2011-10-21 22:57)
 【66】第14回 区切り打ち 出発[2011年8月12日] (2011-10-19 20:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。