2012年06月14日

【136】歩き遍路18日目〈その2〉[2012年4月7日]

旧へんろ道を通り、麓の集落に降りてきたが、一体自分は今どこにいるのか分からなくなってしまった。
T字路となり、とりあえず右に行き道なりに進むと、宇佐大橋の袂に出た。昨日、旧へんろ道の看板を見かけた場所だ。
どうやら、山を下りて、井尻の集落に出たようだった。

欄干が低く少々怖い宇佐大橋を渡る。後から人の気配がし、ドンドン近付いてくるので道を譲った。女性の二人組で、巡航船でも一緒になった。
向かいからは、お遍路さん二人とすれ違った。あいさつを交わしてすれ違う。その内の一人は、必死の形相で歩いている。この方が、明日知り合うことになる和歌山のHさんだ。

巡航船の乗り場がどこか分からないが、へんろ地図の「船付場」というバス停の辺りだろうと見当を付けて、注意深く歩く。

須崎市に入って、バスの出張所を過ぎると程なく、「埋立市営巡航船のりば」という杭が立っているのを発見した。よく見ていないと気付かずに通り過ぎてしまいそうである。

しかしそこは水産工場らしき建物があるだけである。が、よく見ると、敷地の奥に何か張り紙がある。赤い矢印が書いてあり、そこを通るようである。指示通りに進んでみると、ありました!

マッチ箱のようなかわいらしい建物、「埋立市営巡航船待合室」と看板が掛けられているので、どうやらここで間違いないようだ。

おそるおそる扉を開けてみると‥‥野宿のお兄さん? らしき先客の方がいらっしゃる。それにしては荷物が無いなあ、などと考えていたら、その方が乗船の案内をしてくれた。
どうやら、この方が巡航船の運転手さんのようだ。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(高知))の記事画像
【203】歩き遍路25日目〈その5〉[2012年4月14日]
【202】歩き遍路25日目〈その4〉[2012年4月14日]
【201】歩き遍路25日目〈その3〉[2012年4月14日]
【200】歩き遍路25日目〈その2〉[2012年4月14日]
【199】歩き遍路25日目〈その1〉[2012年4月14日]
【198】歩き遍路24日目〈10〉[2012年4月13日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(高知))の記事
 【203】歩き遍路25日目〈その5〉[2012年4月14日] (2013-02-05 22:05)
 【202】歩き遍路25日目〈その4〉[2012年4月14日] (2013-02-02 22:22)
 【201】歩き遍路25日目〈その3〉[2012年4月14日] (2013-01-30 22:25)
 【200】歩き遍路25日目〈その2〉[2012年4月14日] (2013-01-27 21:41)
 【199】歩き遍路25日目〈その1〉[2012年4月14日] (2013-01-24 21:30)
 【198】歩き遍路24日目〈10〉[2012年4月13日] (2013-01-17 22:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。