2012年10月27日

【165】歩き遍路21日目〈その3〉[2012年4月10日]

県道を進み、分岐点に差し掛かる。ここには飲食店があり、ちょうどお客さんが入っていった。
どちらの道からでも行けるようなので、左側(海側)の道を進んだ。

これまでは少し標高のある高台を歩いてきたが、坂道を下ると、下田の集落にたどり着いた。わりと大きな集落である。
この辺りから、電柱には「下田の渡し」へと誘導する、青色の遍路シールが見られるようになってきた。運賃500円と書いてある。あ、お金がかかるのか‥と当然の事にようやく気が付いた。

途中、道しるべを見逃したようだったが、地元の人に教えられて、下田の渡しと立札のある場所に到着した。100mほど離れた場所に、先に抜かしていった栃木の方たちの姿が見えた。
どうして向こうにいるのかなあ、と思っていると、通りかかった船のおっちゃんが、向こうの方を指さして、移動するように指示があった。
この船が、渡し船だった。「渡し船」なので、エッチラコと漕いでいく船を想像していたが、エンジン付の小さな漁船である。

乗船場所は、立札のある場所ではなく、漁協の建物のある場所となっていた。

予約していた時間にはあと30分近くあったが、栃木の方たちを乗せて今から出航するようだったので、この便に乗せてもらうことにし、缶コーヒーを買い、あわてて船に乗り込んだ。お客さんは、我々3名である。ライフジャケットを着用する。

名簿に名前を書き込み、料金500円を支払うと、運行責任者である沖さんの名刺を頂いた。裏側は、下田の渡し保存会の乗船証明書、と印刷されており、良い記念となった。また、お接待の飴玉も頂いた。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(高知))の記事画像
【203】歩き遍路25日目〈その5〉[2012年4月14日]
【202】歩き遍路25日目〈その4〉[2012年4月14日]
【201】歩き遍路25日目〈その3〉[2012年4月14日]
【200】歩き遍路25日目〈その2〉[2012年4月14日]
【199】歩き遍路25日目〈その1〉[2012年4月14日]
【198】歩き遍路24日目〈10〉[2012年4月13日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(高知))の記事
 【203】歩き遍路25日目〈その5〉[2012年4月14日] (2013-02-05 22:05)
 【202】歩き遍路25日目〈その4〉[2012年4月14日] (2013-02-02 22:22)
 【201】歩き遍路25日目〈その3〉[2012年4月14日] (2013-01-30 22:25)
 【200】歩き遍路25日目〈その2〉[2012年4月14日] (2013-01-27 21:41)
 【199】歩き遍路25日目〈その1〉[2012年4月14日] (2013-01-24 21:30)
 【198】歩き遍路24日目〈10〉[2012年4月13日] (2013-01-17 22:15)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。