2013年03月01日

【213】歩き遍路26日目〈その4〉[2012年4月15日]

雨の日には屋根が無く休憩出来そうもないが、今日は素晴らしい眺めを堪能しながら、気持ち良く過ごすことが出来た。
ずっと森の中を歩いてきたが、この辺りだけ、木が伐採されており、眼下の海を見渡すことが出来るようになっている。

一緒に上がってきた人たちも、それぞれここで休んでいる。まだ11時前だったが、おにぎりを食べて昼食とした。

今日は宇和島まで40㎞を歩かねばならないので、一足先に出発する。
ここからの下り道には、色々な説明板が立てられている。「ゴメン木戸」や「イノシシのヌタ場」など真面目な話から、トッポ話(ほら吹き話)などには下ネタ話もあり、退屈させない。

実話もあるようで、どこまで本当なのだろうか。昭和61年という、最近の話まである。
どれもさっと読みつつ、道を下る。

森の中に休憩所があったので、立ったまま息を整えていると、関西のご夫婦がやって来た。凄いスピードで下っていくのには驚いた。ご主人は71才と聞いているが、このお二人、只者ではない。山登りはよくされるそうである。

一軒の古民家の前に出る。壁には、堂々と歩き遍路用の道しるべが貼ってあり、左の方へと進む。
しばらくすると、ビニールハウスがあり、作業していたおばさんからポンカンを2個頂いた。
今回のお遍路道中では、お接待が多くうれしい限りである。納札をお渡しし、ありがたく頂く。

地元の方との会話を楽しみにしている川崎のOさんも、ここでお接待を頂き、この方と家族の話などをしたそうである。Oさんは基本的に休憩はせず、こうやって地元の方と話している時間に立ち止って休むくらい、と話していた。
こういう、地元の方とのふれあいを楽しむ遍路行もある。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事画像
【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日]
【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日]
【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日]
【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日]
【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日]
【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事
 【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日] (2014-03-21 22:44)
 【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日] (2014-03-19 22:04)
 【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日] (2014-03-17 22:58)
 【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日] (2014-03-15 22:57)
 【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日] (2014-03-13 20:52)
 【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日] (2014-03-11 19:45)

この記事へのコメント
田舎は言い伝えとか、怪しい話が多いですからね。
特に年寄りの話は、危ないですよ。
伊予の人は大丈夫ですかね。(笑)
Posted by korosuke at 2013年08月23日 20:03
お遍路さんしか通らないような山道に、怪しい話が並んでいるのがおもしろいです。

南国に住んでいる人たちの持っている、開放的なものを感じました。北陸にはあまり無い、話のような気がします。
Posted by こいったん at 2013年08月23日 20:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。