2013年04月06日

【230】歩き遍路27日目〈番外編〉[2012年4月17日]

朝食は、愛知のOさんと相談して、ゆっくりにしてもらった。
朝8時過ぎに宿を出発する。親切な女将さんが、お接待のおにぎりを持たせてくれた。

卯之町一帯をぶらぶらと街並み散歩、それからバスを乗り継いで帰宅の途についた。
(1)霊山寺に車を置かせてもらっているので、徳島まで戻る。これから松山、高松と高速バスを乗り継いで、鳴門西で下車予定である。

卯之町にある「西予市役所前」から松山行きの急行バスに乗り込む。
近くにいたお客さんが話し掛けてきた。この方、かつて(43)明石寺の庭師をしていたそうである。色々と、寺のことやこの先の遍路道のことなど、親切に教えてくれた。

車窓から、一人のお遍路さんの姿が見え、こちらに向かってお辞儀をしてくれた。愛知のOさんのようである。
結局は、明日から再び歩き始めることになるので、一日の歩く距離が短いOさんと再会出来るかも、と思っていたが、これが最後の出会いとなった。

松山市駅に到着、元庭師の方とお別れし、高松行きの高速バスに乗り換えた。

高松に到着し、今度は徳島行きのバスに乗り込もうとした時に、自宅から連絡があった。予定していた所用が延期になったとの知らせだった。

取り敢えずバスに乗り込み、散々迷う。まだ遍路を続けることが出来る。ただ、愛媛の端っこから徳島まで来てしまったし、気持ちも切れてしまっている。鳴門西で下車し、大麻比古神社などブラブラしながらどうしようか考えた。

これは、お大師様が続けろ、と言っているのかも、と結論が出て、急遽、今朝旅立った卯之町へとUターンした。
この日は松山市内で宿泊、翌日の朝9時22分、再び「西予市役所前」バス停に降り立った。

ここから第2弾の遍路旅が始まった。


タグ :歩き遍路

同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事画像
【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日]
【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日]
【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日]
【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日]
【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日]
【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事
 【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日] (2014-03-21 22:44)
 【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日] (2014-03-19 22:04)
 【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日] (2014-03-17 22:58)
 【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日] (2014-03-15 22:57)
 【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日] (2014-03-13 20:52)
 【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日] (2014-03-11 19:45)

この記事へのコメント
鳴門まで帰ってから、西予市まで引き返したんですか?
凄い!
Posted by korosuke at 2013年08月31日 10:42
そうなんです、四国の端から端まで往復しました。

高速バスの乗り継ぎ旅は楽しかったのですが、時間とお金が余分に掛かってしまいました。
Posted by こいったん at 2013年08月31日 10:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。