2013年04月22日

【238】歩き遍路28日目〈その8〉[2012年4月18日]

建物は和風だが、案内された部屋は洋室で、ソファ付きとなっていた。部屋にはトイレがあり便利だった。

早速、お風呂へと向かう。脱衣所で元気な青年に会い、あいさつされる。浴室内にももう一人青年がいて、二人で楽しそうに話している。お遍路さんという感じはしない。

つるつる石の湯船にジェット水流が付いていて気持ち良かった。

到着が遅かったので、夕食も少し遅らせてもらう。先程の青年たちもおり、少し質問を受ける。彼らは仕事でここに泊まっているようである。毎日30㎞ほど歩いていると話すと、感心されてしまった。

この宿に泊まる人は、お年寄りが多く、歩く距離も短い方が多いそうである。
そう言われてみれば、(43)明石寺辺りに泊まったお遍路さんは内子町まで歩くだろう。ここに泊まる方は25kmペースとなる。

食事中、60才くらいのおじさんが、テレビのつけ方が分からない、と顔を出してきた。確かに、最近のテレビのリモコンには操作が難しいものが多い。
この方はお遍路さんだったようで、その後、道後温泉で再会し、北条の宿で同宿することになる。

食事を作ってくれたのは従業員の方のようだったが、とても美味しかった。夜間は宿泊客のみとなり、翌朝、女将さんが来られるようである。


うめたこ旅館:一泊二食 6500円 
 ※浴衣、タオル、冷茶あり。トイレ・洗面あり。洗濯代はたぶん無料。乾燥機? 自販機は近くにあり。
    宿泊客:歩き遍路2人、一般客3人



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事画像
【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日]
【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日]
【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日]
【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日]
【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日]
【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事
 【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日] (2014-03-21 22:44)
 【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日] (2014-03-19 22:04)
 【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日] (2014-03-17 22:58)
 【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日] (2014-03-15 22:57)
 【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日] (2014-03-13 20:52)
 【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日] (2014-03-11 19:45)

この記事へのコメント
宿泊代、¥6500-2食付き
微妙な値段ですね。
素泊まりで¥4500-5000位ですか。
Posted by korosuke at 2013年08月31日 11:39
お遍路さんが泊まる民宿や旅館の宿代は、二食付で6500円が一番多い、標準の値段となっています。
それより上だと高く感じますし、6000円だったら、ちょっと安いかなーという感じです。
素泊まりだったら、それくらいの値段でしょうか。

ビジネスホテルの方が安いかも知れませんね。
Posted by こいったん at 2013年08月31日 11:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。