2013年06月18日

【261】歩き遍路31日目〈その2〉[2012年4月21日]

三坂峠に向かって国道を進むが、先の新しい道路が完成したためか、車通りも少なくなり、すっかり静かになった。

久万の宿を出て1時間半、「松山方面へは通り抜け出来ません」の看板が登場した。ここからは歩きの道となる。

右手の遍路道に入るが、峠付近で一旦国道に出て、自販機のある場所で一休みすることにした。しかしながら、寒くて早々に歩き始めた。

遍路道に戻る。貸別荘として使われていたのだろう、廃屋は3年前と同じように残っていた。

ここからは、ひたすら下り坂である。一巡目の時には、この下りはいつまで続くのだろうか、と思わせた道である。覚悟をして下る。
逆打ちだったら、延々と続く上り道となり、かなりの難所となりそうである。

視界が開ける場所がある。霞がかかっているが、これが晴れれば、松山市街まで見渡せそうである。

つづら折りの山道を下り続けると、ようやく簡易舗装の道となった。意外と早く麓まで降りて来た感じがした。覚悟をしていたから、却って早く感じたのだろうか。

接待所として知られている坂本屋までやって来た。土日のみ開いているが、運良く今日は土曜日だった。手伝いの方が声を掛けてくれたので、一休みしていくことにした。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事画像
【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日]
【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日]
【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日]
【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日]
【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日]
【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事
 【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日] (2014-03-21 22:44)
 【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日] (2014-03-19 22:04)
 【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日] (2014-03-17 22:58)
 【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日] (2014-03-15 22:57)
 【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日] (2014-03-13 20:52)
 【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日] (2014-03-11 19:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。