2013年06月27日

【264】歩き遍路31日目〈その5〉[2012年4月21日]

(47)八坂寺を出ると、ため池の横を通る。分岐には、これまで見てきた色々な種類の遍路シールが一同に会して、何枚も貼ってあった。

平野部に出て来たので、シールも貼りやすくなってきたのだろうか。「松山市」の名が入ったシールもあるのは、市をあげて歩き遍路を応援してくれているようでうれしい。

県道に出る。両側に水路があり、車のすれ違いも難しい道であるが、路線バスの通り道ともなっており、前方から大きなバスがやって来てビックリした。
通りには、別格9番の文殊院もあるが、観光バスなどはどうするのだろうか。

[9]文殊院の前を通る。大きな弘法大師像があり、かなり目立っていた。
今日の宿は道後温泉のどこかになるが、(51)石手寺の納経を終えておかないと、明日またお寺に戻らなければならなくなるので、少々気が急いていた。そのため参拝はせずに、先へと向かった。

後で調べた所、ここは、「衛門三郎」の邸宅があった場所と伝えられているらしい。「衛門三郎」は四国遍路の開祖とも言われている人物である。立ち寄っておけばよかったが、仕方ない。
別格は、参拝したりしなかったりと、その日の状況次第である。

雰囲気のある狭い道を歩いていると、「スーパーえばら」の大きな看板が出ていた。何か食べる物を買って、この先の「札始大師堂」で食べることにしよう。弁当に伊予柑、缶コーヒー、菓子を買い込んだ。

スーパーの袋をぶら下げて歩く。
「右・松山道」の古い石碑に従って、右手に入って行った。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事画像
【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日]
【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日]
【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日]
【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日]
【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日]
【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事
 【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日] (2014-03-21 22:44)
 【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日] (2014-03-19 22:04)
 【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日] (2014-03-17 22:58)
 【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日] (2014-03-15 22:57)
 【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日] (2014-03-13 20:52)
 【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日] (2014-03-11 19:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。