2014年01月07日

【321】歩き遍路37日目〈その4〉[2012年6月18日]

関ノ戸辺りの旧街道らしき道を進む。へんろ地図には、このまま市境を越える道と、松山自動車道沿いの道に入る、赤い点線が書かれている分岐がある。少し辺りを探してみたが、どこが高速沿いへの遍路道なのか今一つ分からなかった。

分岐の所に戻って一休みし、出発。四国中央市(旧土居町)へと入って行った。
国道に合流するが、すぐに道しるべに従って、旧街道へと入って行く。

遍路道は右に折れ、小さな橋を渡るのだが、この先しばらくは、食事をする場所はなかったはずである。時間は11時半過ぎということで、お腹がすいてきたこともあり、そのまま直進して再び国道に出ることにした。

へんろ地図にも掲載されている「旅館五葉松食堂」が右手にあった。大きな看板がある。
1日30㎞ペースで歩く、歩き遍路さんの中で一番多いであろうパターンでは、もう少し先の旧土居町まで足を伸ばすお遍路さんが多いのではないだろうか。

もう少し進むと、「余り店」と書かれた看板のある、お遍路さん休憩所があった。中に入ってみると、壁には落書きがされている。

一般の方が書いたと思われるのだが、お遍路さんに対する中傷的なものばかりだった。不思議と嫌な気分にはならなかった。歩いて遍路をしていると、声を掛けてくれる人たちは親切な方ばかりであるが、お遍路さんを快く思っていない人たちもきっといるに違いない。


タグ :歩き遍路

同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事画像
【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日]
【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日]
【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日]
【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日]
【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日]
【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事
 【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日] (2014-03-21 22:44)
 【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日] (2014-03-19 22:04)
 【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日] (2014-03-17 22:58)
 【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日] (2014-03-15 22:57)
 【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日] (2014-03-13 20:52)
 【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日] (2014-03-11 19:45)

この記事へのコメント
確かに居ますよ。
見た目の問題も有り、
昔は、私も怖かったですからね。

今は、大変だな、今日は何処まで歩くのだろう?ですね。(笑)
Posted by korosuke at 2014年01月08日 08:10
昔の人はお遍路さんに限らず、現代人よりも野性的な人が多かったのではないかと勝手に想像しています。怖そうな人もきっと多かったのでしょう。

優しい眼でお遍路さんを見て下さっているようで、うれしいです。
Posted by こいったんこいったん at 2014年01月08日 20:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。