2014年02月16日

【332】歩き遍路38日目〈その6〉[2012年6月19日]

[13]仙龍寺の奥の院らしき場所から、道しるべに従って、歩きの道を進む。

なぜか、急に道が悪くなってきたような気がする。道を間違えたのかとも思ったが、真新しい「遍路道」と書かれた標識もある。今まで歩きやすい道が続いていたのだが、ただの山道に入った感じがした。

これは昔の道じゃない、という言葉がずっと頭の中をよぎっていた。

右手に大きな滝が見えた。他の人の遍路紀行に、このような滝があったと書いてあっただろうか。不思議に思いながらも、近付いてしばし見学する。
折からの雨のためか、立派な滝の姿である。

滝の水が大きな川となって流れている。普段は軽く跨げるであろう川が、増水しており、渡れそうにない。
仕方がないので開き直って、靴のまま歩いて川を渡った。もう既にずぶ濡れだったので、同じである。

この先、崖崩れで危険な場所があるはずで、どんな状態なのか確かめてみたかったのだが、まだかな、と思いつつ進む。この、少々歩きにくい山道が随分と長く感じだ。

眼下に期せずして、[13]仙龍寺の建物が見えてきた。特徴のある立派な建物であるが、あの崖崩れの場所はどこだったのだろうか。

後で調べて分かったことだが、途中から本来の遍路道を外れ、危険な場所を避けるルートに誘導されて、[13]仙龍寺にやって来たようであった。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事画像
【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日]
【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日]
【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日]
【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日]
【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日]
【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事
 【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日] (2014-03-21 22:44)
 【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日] (2014-03-19 22:04)
 【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日] (2014-03-17 22:58)
 【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日] (2014-03-15 22:57)
 【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日] (2014-03-13 20:52)
 【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日] (2014-03-11 19:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。