2014年03月03日

【339】歩き遍路38日目〈13〉[2012年6月19日]

「民宿岡田」は、(66)雲辺寺麓の一軒宿、予約が取りにくい宿として、そしておやじさんの人柄で有名である。
宿に到着すると、息子さんの奥さんが迎えてくれた。

部屋に入り荷物の整理などをしていると、おやじさんがやって来て、風呂が空いたと知らせに来てくれた。
「見たことある顔やなあ、前に泊まったことある?」と言われ、驚きました。

3年前のGWに泊まって以来なのですが、そんなに話をしたわけではなく、インパクトがある顔でもないはずなのですが、覚えていてくれたのでしょうか?

今日の宿泊客は他に、東京から来られた逆打ちの70才の方、そして仕事で泊まっているらしき方の3人だけだった。
逆打ちの方は何度か泊まったことがあるのだろうか、おやじさんと親しげに話していた。

順打ちのお遍路さんは、自分一人ということになる。この雨の中、雲辺寺に向かって歩いていたのは、自分だけだったのだろうか。さみしいものである。

部屋には、他のお遍路さんが残していった文章や、「伊予鉄不動産㈱」が発行している「へんろ」新聞もあり、これらを読んでいると時間が足りないくらいだった。この新聞は勉強になり、なかなか面白い。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事画像
【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日]
【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日]
【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日]
【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日]
【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日]
【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(愛媛))の記事
 【349】歩き遍路39日目〈その9〉[2012年6月20日] (2014-03-21 22:44)
 【348】歩き遍路39日目〈その8〉[2012年6月20日] (2014-03-19 22:04)
 【347】歩き遍路39日目〈その7〉[2012年6月20日] (2014-03-17 22:58)
 【346】歩き遍路39日目〈その6〉[2012年6月20日] (2014-03-15 22:57)
 【345】歩き遍路39日目〈その5〉[2012年6月20日] (2014-03-13 20:52)
 【344】歩き遍路39日目〈その4〉[2012年6月20日] (2014-03-11 19:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。