2014年09月27日

【420】歩き遍路46日目〈その7〉[2012年6月27日]

人の気配が感じられない道を歩いていく。

ポツリと分校のような建物の集会所がある。元小学校を利用したものだろうか。
ここに集まる人たちはどこに住んでいるのかと考えていると、少し先に、古い民家と小さな田んぼがあった。

歩きの山道へと入る。
一巡目の真夏の遍路の時は、太郎兵衛館辺りまでの山道がかなりきつくて、恐らく熱中症気味だった身体に、さらにダメージがきた道である。いよいよ、その場所に差し掛かりつつあるようである。少々緊張感を持ちつつ歩みを進める。

「結願」の文字が入った札も見られるようになってきたが、以前よりも減っているような。気のせいか。

竹林の中を歩いたり、イノシシ除けの柵の側を歩いたりする。やはり、急な山道区間もあり、少々きついが、この程度なら大丈夫である。

頂上付近には「長尾 奥鹿 持境」と書かれた、古い小さな石碑があった。「奥鹿」とはどこのことだろうか。

少し下りとなり、太郎兵衛館近くの車道に合流した。身体は無事である、良かった。この調子なら、女体山を越えて、無事に(88)大窪寺に辿りつけそうである。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(香川))の記事画像
【484】第18回 区切り打ち 帰宅[2014年2月11日]
【483】歩き遍路51日目〈その7〉[2014年2月11日]
【482】歩き遍路51日目〈その6〉[2014年2月11日]
【481】歩き遍路51日目〈その5〉[2014年2月11日]
【480】歩き遍路51日目〈その4〉[2014年2月11日]
【479】歩き遍路51日目〈その3〉[2014年2月11日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(香川))の記事
 【484】第18回 区切り打ち 帰宅[2014年2月11日] (2015-06-19 20:35)
 【483】歩き遍路51日目〈その7〉[2014年2月11日] (2015-06-14 18:14)
 【482】歩き遍路51日目〈その6〉[2014年2月11日] (2015-06-09 20:12)
 【481】歩き遍路51日目〈その5〉[2014年2月11日] (2015-06-04 15:32)
 【480】歩き遍路51日目〈その4〉[2014年2月11日] (2015-05-30 21:44)
 【479】歩き遍路51日目〈その3〉[2014年2月11日] (2015-05-25 15:38)

この記事へのコメント
こんにちは

あるんですよね、「やっぱり来やがった!」が・・・。
私の場合、前回経験した膝の激痛で歩道の段差を踏み越えられないような情けない状態に、まったく同じ場所で遭遇しました。室戸岬と柏坂越えの時でした。
青年大師像に笑われながら室戸の町で針治療を受け、宇和島では「満願寺」巡拝をあきらめました。
私の「遍路版マーフィーの法則」です。不思議ですが、前世この当たりで何か不貞でも働いたんでしょうかね(笑)

こいったんさんは、精進がよろしいから無事乗り切れたようですね。さすが真面目遍路(拍手)
Posted by 越前おろしそば at 2014年09月28日 13:46
こんばんは。同じ場所で同じ痛みが、という不思議なことが起こるのも、遍路の面白い所だなあと思います。
天気では、また前回と同く今一つ、という場所はありますね。

地元の医者にかかるとは大変でしたね。初めての遍路の時には、膝の痛みがひどくて、立ったり座ったりするのに20秒くらいかかるような状態で歩いてましたので、そのつらさは分かります。
Posted by こいったんこいったん at 2014年09月28日 21:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。