2014年12月14日

【441】歩き遍路48日目〈その7〉[2014年2月8日]

塩江の市街地に近付いてくると所々に歩道が付けられており、ようやく安心して歩けるようになった。

香東川沿いを歩く。対岸にはホテルがある。この辺りは、リゾート地のような印象だ。

「道の駅しおのえ」に到着する。思ったよりも小ぢんまりとした駅だった。ここでも一休みする。
この雪にもかかわらず、土曜日ということもありそれなりに賑わっていた。
車の運転手さんが、こちらを見てニコニコしている。よー歩いとるわ、と思っているのだろう。

道の駅を出て、上の写真の場所で左折、橋を渡り、国道を離れて奥の湯温泉へと向かう。

これまでもこの先も、大滝山↑の案内は度々見掛けたのだが、[20]大滝寺の文字は、不思議なくらい全く見られなかった。本当に大滝寺はあるのか、と思ってしまうくらいだった。なぜだろうか。

次第に上り道となり、人の気配が無くなり、両側の山肌が迫ってきた。除雪車が活躍している。

堰堤が見えてくる。内場ダムである。堰堤下の建物から、勢いよく水が噴出している。水力発電だろうか。
「望郷之碑」があり、八十七戸が立ち退き、昭和28年に完成、となっていた。

ダム湖に沿って歩いていくと、一部1.5車線の狭い道が残っている。このような道でも、時折車が通り過ぎていく。

トボトボ歩いていると、またも、いきなり大きなホテルが登場する。ダム湖の対岸にも同じように見えている。まるでバブルの遺構のようだが、どのホテルも営業している様子なのはすごい。
除雪していたホテルの従業員さんと、あいさつを交わした。あまり人に会っていなかったので、久し振りのあいさつだった。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(香川))の記事画像
【484】第18回 区切り打ち 帰宅[2014年2月11日]
【483】歩き遍路51日目〈その7〉[2014年2月11日]
【482】歩き遍路51日目〈その6〉[2014年2月11日]
【481】歩き遍路51日目〈その5〉[2014年2月11日]
【480】歩き遍路51日目〈その4〉[2014年2月11日]
【479】歩き遍路51日目〈その3〉[2014年2月11日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(香川))の記事
 【484】第18回 区切り打ち 帰宅[2014年2月11日] (2015-06-19 20:35)
 【483】歩き遍路51日目〈その7〉[2014年2月11日] (2015-06-14 18:14)
 【482】歩き遍路51日目〈その6〉[2014年2月11日] (2015-06-09 20:12)
 【481】歩き遍路51日目〈その5〉[2014年2月11日] (2015-06-04 15:32)
 【480】歩き遍路51日目〈その4〉[2014年2月11日] (2015-05-30 21:44)
 【479】歩き遍路51日目〈その3〉[2014年2月11日] (2015-05-25 15:38)

この記事へのコメント
こんばんは
あの雪の中、前山から落合橋まで3時間で歩き切るとは、そうとう飛ばしましたね。よほど高性能のスタッドレスタイヤを履き、パワフルなエンジンをぶんまわしたんでしょうか(笑)
おっしゃるように、夏場ほど体力の消耗は押さえられるんでしょうかね。それに、周りの雪化粧は歩きに集中できる効果もあり、かな。

ただ、私にはまねのできない雪道行脚ですな・・・。
Posted by 越前おろしそば at 2014年12月15日 20:30
こんばんは。歩くスピードは遅いのですが休憩しなかったので、時速5kmペースで進んだようです。
30cm以上積もっていたらかなり大変かも知れませんが、10~20cmほどだったので助かりました。安物の長靴のおかげです。

この日は、これまでの歩き遍路旅の中でも、特に印象に残った一日となりました。良い思い出です。
Posted by こいったんこいったん at 2014年12月15日 22:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。