2015年02月23日

【457】歩き遍路49日目〈その12〉[2014年2月9日]

別格20番大滝寺を出発してから、ほぼ歩き続けて3時間、ようやく国道193号線に合流した。

へんろ地図では6.7kmの距離ではあるが、実際にはどれくらい歩いたのか、かなり時間が掛かってしまった。

この国道193号線は、昨日歩いた塩江方面へと続いているようで、交通量が多い。昨日は雪のため、車も少なかったのだろう。

すぐに夏子ダムの休憩所となった。田舎の鄙びた場所を想像していたのだが、販売所があり、休憩がてら立ち寄る車も多く、賑わっている場所だった。

屋根付の休憩所があったので、ここでようやく一休みするが、少々風が冷たい。ゆっくりとしたい所だったが、小学生のグループも休憩しており、早々に出発する。

国道193号線は、ゆるやかな上りとなる。歩道の無い道だが、それ程怖さは感じられない。

道路左手に、予期せずして遍路石が置かれていた。「四国第八十八番奥院大滝寺 右 五十丁」と書かれていた。この場所から山の方に入っていく遍路道があるのだろうか。

清水という集落にやって来た。以前、[20]大滝寺に向かうお遍路さんが泊まっていたという「清水温泉センター」の廃墟があった。

バス停の小屋があったので、ここで電話をする。午前中から88番門前の宿に泊まろうと連絡しているのだが、一向に出る様子が無い。前日に電話すべきだったのだが、88番まで行けるか心配だったので、ある程度目処がついてから、と思っていた。

もう一度掛けてみるが誰も出ないので、あきらめることにした。コミュニティバスで志度バスストップに戻って、自分の車で車中泊も考えたが、白鳥温泉に連絡してみると予約が取れた。(88)大窪寺からさらに10km近くあり、かなり遠くなるが、ゆっくり温泉を楽しむことを目標に頑張ることにした。



同じカテゴリー(お遍路 第二拝(香川))の記事画像
【484】第18回 区切り打ち 帰宅[2014年2月11日]
【483】歩き遍路51日目〈その7〉[2014年2月11日]
【482】歩き遍路51日目〈その6〉[2014年2月11日]
【481】歩き遍路51日目〈その5〉[2014年2月11日]
【480】歩き遍路51日目〈その4〉[2014年2月11日]
【479】歩き遍路51日目〈その3〉[2014年2月11日]
同じカテゴリー(お遍路 第二拝(香川))の記事
 【484】第18回 区切り打ち 帰宅[2014年2月11日] (2015-06-19 20:35)
 【483】歩き遍路51日目〈その7〉[2014年2月11日] (2015-06-14 18:14)
 【482】歩き遍路51日目〈その6〉[2014年2月11日] (2015-06-09 20:12)
 【481】歩き遍路51日目〈その5〉[2014年2月11日] (2015-06-04 15:32)
 【480】歩き遍路51日目〈その4〉[2014年2月11日] (2015-05-30 21:44)
 【479】歩き遍路51日目〈その3〉[2014年2月11日] (2015-05-25 15:38)

この記事へのコメント
こんにちは
私はお寺から2時間少々で下山できましたので、ここ夏子で大休憩。「地元野菜直売所」に招かれ、脇町から出かけてくる売り子(塾女)さん達と四方山話でしばし現世に戻りました。同世代のよしみと私が男前(笑)のせいか、オフレコを交え出るは出るは・・・。
「上りも下りもお遍路さんは見かけなくなったね」でって。

路傍の遍路石ですがこいつが食わせ物。すげ替え工事の手違いなんでしょうが、時折あらぬ方角を指してますので要注意です。

また、白鳥までですか。私なら「竹屋敷」に転がり込むでしょうが、延長戦をこなしPK戦までやれるんだから、若いですね・・・。
Posted by 越前おろしそば at 2015年02月24日 12:17
こんばんは。毎度のことながら、モテモテのようで、何よりです(笑)
その野菜直売所は、何となく入りづらくてパスしてしまいました。もう少し大きい建物だったら入っていたかも知れません。

竹屋敷は、団体客優先のように聞いていましたので、最初から頭にありませんでした。便利な場所にあるのですが。
ナイーブなので、連絡して宿泊を断られると傷ついてしまうのです。
Posted by こいったんこいったん at 2015年02月24日 21:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。