2015年07月08日

【3巡目-3】 1番霊山寺から5番地蔵寺、別格1番大山寺 〈その2〉[2015年1月10日]

本堂、大師堂と般若心経を唱え、本堂横の売店兼納経所へと向かう。
二巡目は、二冊目の納経帳を使っていたが、三巡目は二冊目に重印することにした。

納経所では、係の方がおらず、5分近く待たされることとなった。参詣客が少ないことの表れか。

歩き遍路は、「歩き遍路ノート」に記帳を勧められるはずだが、特に何も言われなかった。これまで二回記入して満願していることもあり、今回はそのまま出立した。

山門をくぐった時からすぐに気が付いていたのだが、霊山寺の山門横の建物で、有田みかんのお接待を行っていた。

以前、NHKの「新日本紀行~ふたたび」という番組で、この霊山寺でお接待をしている、和歌山県有田地方の方のドキュメントを観たことがある。数十年前のドキュメントと現在の様子を、比較リポートする番組だ。

毎年、霊山寺でのお接待に向かっているが、高齢化が進んで、という内容だったと思う。そのお接待に遭遇したのかも、とわくわくしていた。

トイレを済ませて建物前を通り掛かると、元気な声が飛んできて、有田みかんのお接待を頂いた。若い人たちが多く、世代交代しつつもお接待が続いているのだろうか、とうれしい気持ちになった。

帰宅後、その番組のビデオが残っていたので観てみると、番組でのお接待は春先に霊山寺へと向かっていた。今回は1月である。テレビとは別のグループになるのだろうか。
いずれにしても、有田みかんのお接待を一番札所で頂いて、幸先の良い旅立ちとなった。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-162】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その8〉[2016年8月13日]
【3巡目-161】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その7〉[2016年8月13日]
【3巡目-160】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その6〉[2016年8月13日]
【3巡目-159】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その5〉[2016年8月13日]
【3巡目-158】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その4〉[2016年8月13日]
【3巡目-157】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その3〉[2016年8月13日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-162】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その8〉[2016年8月13日] (2017-05-27 22:25)
 【3巡目-161】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その7〉[2016年8月13日] (2017-05-24 21:45)
 【3巡目-160】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その6〉[2016年8月13日] (2017-05-21 22:10)
 【3巡目-159】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その5〉[2016年8月13日] (2017-05-18 21:33)
 【3巡目-158】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その4〉[2016年8月13日] (2017-05-15 20:54)
 【3巡目-157】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その3〉[2016年8月13日] (2017-05-12 19:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。