2015年07月29日

【3巡目-8】 1番霊山寺から5番地蔵寺、別格1番大山寺 〈その7〉[2015年1月10日]

(3)金泉寺を出発し、板野町の中心部に入って来た。
これも有名なのかも知れないが、お遍路さん歓迎の理髪店がある。男人「決意の丸坊主」、女人「覚悟の丸坊主」と書かれている。

以前は手書きだったような気もするが、現在はきれいに印刷されたものだった。店内からは、賑やかな笑い声が聞こえてきていた。

踏切に差し掛かる辺り、前方に、先程金泉寺で見掛けた、スーパーの袋を持ったAさんが歩いていた。歩き遍路だったようだ。

その踏切脇には、古い遍路石があったのだが、一つは「金泉寺・大日寺」、もう一つは確信が持てないが、「ことひら・はしくら道」となっていた。こんな遠い場所にまで、[15]箸蔵寺の名前が出てくるのには驚いた。

かつては賑わったであろう大寺院、箸蔵寺での貸切だった参拝が懐かしく思い出される。

踏切から5分程で、「岡の宮の大クス」と呼ばれる、樹齢約700年という立派なクスノキがあり、しばし見入る。
木や花の名前を覚えることに凝りだしてからは、こうした樹木にも関心が向くようになってきた。

商店、住宅が途切れ、少し視界が開けてきた。並行して走っている県道沿いに、10年前には見掛けなかった、ドラッグストアやコンビニも複数見えている。

以前、二番札所の売店では、この先に食べる所が無いから、とお寿司などを販売していたかと思うが、ここ数年の間に随分と変化してしまったものである。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-181】 第22回 区切り打ち 帰宅[2016年8月14・15日]
【3巡目-180】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その12〉[2016年8月14日]
【3巡目-179】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その11〉[2016年8月14日]
【3巡目-178】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その10〉[2016年8月14日]
【3巡目-177】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その9〉[2016年8月14日]
【3巡目-176】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その8〉[2016年8月14日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-181】 第22回 区切り打ち 帰宅[2016年8月14・15日] (2017-08-04 20:40)
 【3巡目-180】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その12〉[2016年8月14日] (2017-08-01 22:30)
 【3巡目-179】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その11〉[2016年8月14日] (2017-07-29 22:39)
 【3巡目-178】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その10〉[2016年8月14日] (2017-07-26 21:53)
 【3巡目-177】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その9〉[2016年8月14日] (2017-07-23 22:04)
 【3巡目-176】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その8〉[2016年8月14日] (2017-07-13 14:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。