2015年08月06日

【3巡目-10】 1番霊山寺から5番地蔵寺、別格1番大山寺 〈その9〉[2015年1月10日]

荒地から、少し鬱蒼とした場所に入ると、道端にこんな落し物が。

年末年始に歩き遍路を敢行した方だろう、日付、宿名、連絡先が書かれた紙切れが落ちていた。

12月31日に民宿吉野、1月1日は植村旅館となっているが、1月2日は民宿ちば、となっていた。歩きだけでは不可能に近いと思われるが、バスなども利用されたのだろうか。

営業している宿も少なく、こうしたプランになったのか、あるいは初めての遍路で、計画に無理があったのか、と勝手に想像を膨らませる。

持って帰ろうかとも思ったが、落ちていた場所にそのまま戻しておいた。今にして思えば、ゴミとなってしまうので回収しておけばよかった。

道端には、昨年の冬遍路で覚えた、ロウバイの黄色い花がすでに咲いているものがあった。
この黄色い花は、冬遍路の象徴のように思えてきた。

細い小道を抜けると、ログハウスの家があり、犬が吠えている。これは記憶に残っている。その先に、うどん屋さん「萌月」がある。

二巡目の時、この店の方に声を掛けてもらったのだが、お断りしてしまったこともあり、今回同じようなことがあればお世話になろうかと思っていたが、特に何もなく、先へと進んだ。

視界が開け、前方に高速道路の高架橋が見えている。(4)大日寺へは、扇状地の扇頂へと向かう印象がある。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-171】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その3〉[2016年8月14日]
【3巡目-170】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その2〉[2016年8月14日]
【3巡目-169】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その1〉[2016年8月14日]
【3巡目-168】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その14〉[2016年8月13日]
【3巡目-167】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その13〉[2016年8月13日]
【3巡目-166】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その12〉[2016年8月13日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-171】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その3〉[2016年8月14日] (2017-06-25 22:30)
 【3巡目-170】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その2〉[2016年8月14日] (2017-06-22 22:07)
 【3巡目-169】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その1〉[2016年8月14日] (2017-06-19 22:45)
 【3巡目-168】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その14〉[2016年8月13日] (2017-06-16 22:13)
 【3巡目-167】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その13〉[2016年8月13日] (2017-06-13 22:30)
 【3巡目-166】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その12〉[2016年8月13日] (2017-06-10 22:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。