2015年09月08日

【3巡目-18】 1番霊山寺から5番地蔵寺、別格1番大山寺 〈その17〉[2015年1月10日]

牛がいる民家を過ぎると、[1]大山寺への車道に合流した。
廃屋が並んでいる。この山奥での生活は、さぞ不便だったに違いない。

その先に、簡素な仁王門が見えてきた。屋根は、青いビニールシートで覆われている。
門の先には、天まで届きそうな石段が続いている。

長い石段を、お腹ダイエットも兼ねて、一段飛ばしでゆっくりと上って行く。石段は、9段上ると踊り場があり、をくり返していた。数えながら上った所、約260段ある計算となった。
今にも捲れて(めくれて)しまいそうな石段である。

上り切ると、門から縄がぶら下がっており、鐘楼門と呼ばれるようだ。與田寺と同じような門である。力を入れて引っ張り、鐘を鳴らした。

別格のお寺と言えば、箸蔵寺のような大寺院もあれば、神野寺や大滝寺のような小さなお寺まで、とバラエティに富んでいるが、この[1]大山寺は、すっきりとした、まずまずの広さで、普通の八十八ヶ所のお寺の一つと同じような印象である。

大きなイチョウの樹があるが、この時期は葉を落として、完全な裸木となっている。

参拝していると、ゴ~ンと鐘が鳴った。貸切だった境内だったが、もう一組、参拝客が来たようである。

50代くらいのご夫婦で、百八ヶ所を歩いて周るのか、など話し掛けてきてくれた。人里離れたお寺での出会いに、自然と親近感が湧いてくる。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-156】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その2〉[2016年8月13日]
【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日]
【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日]
【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日]
【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日]
【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-156】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その2〉[2016年8月13日] (2017-04-26 20:16)
 【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日] (2017-04-22 20:27)
 【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日] (2017-04-18 21:00)
 【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日] (2017-04-09 20:53)
 【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日] (2017-04-06 21:19)
 【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日] (2017-04-03 16:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。