2015年10月02日

【3巡目-26】 6番安楽寺から11番藤井寺、鴨島市街まで 〈その4〉[2015年1月11日]

(8)熊谷寺に向かって、1.5車線の道をゆっくりと歩いて行く。
時折写真を撮ったりしているので、後ろを歩いていたご夫婦に直に追い付かれ、あいさつを交わす。

寿食堂で一緒だった人?と聞かれたので、そうです、と答える。他宿泊者とは話をしなかったので、遍路衣装になると、果たして同宿だったか分からなくなるのだろう。

本日帰宅するとの事だったので、こちらと同じ、一泊二日の遍路旅の様子だった。
単調な道を進み、熊谷寺への分岐に差し掛かった。

遍路シールはたくさん貼られているが、看板の字はほとんど見えなくなっているので、ぼんやりしていると通過してしまいそうである。

立派な二王門が見える。「仁」ではなく、「二」のようである。新しい説明板があり、1687年の建立となっているから、300年以上前の建物が残っているとはすごいことである。

二王門をくぐった後も、普通の車道が少し続き、(8)熊谷寺に到着した。

広い駐車場があり、その一角に納経所やトイレ、休憩スペースがあり、ゆっくりと休むことが出来るお寺である。

熊谷寺といえば、スピーカーから何か音楽を流しているイメージがあったのだが、今回は静かだった。そういうお寺があってもいいかな、と思っていたので、少々寂しい気がする。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-170】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その2〉[2016年8月14日]
【3巡目-169】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その1〉[2016年8月14日]
【3巡目-168】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その14〉[2016年8月13日]
【3巡目-167】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その13〉[2016年8月13日]
【3巡目-166】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その12〉[2016年8月13日]
【3巡目-165】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その11〉[2016年8月13日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-170】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その2〉[2016年8月14日] (2017-06-22 22:07)
 【3巡目-169】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その1〉[2016年8月14日] (2017-06-19 22:45)
 【3巡目-168】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その14〉[2016年8月13日] (2017-06-16 22:13)
 【3巡目-167】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その13〉[2016年8月13日] (2017-06-13 22:30)
 【3巡目-166】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その12〉[2016年8月13日] (2017-06-10 22:22)
 【3巡目-165】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その11〉[2016年8月13日] (2017-06-07 22:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。