2015年10月27日

【3巡目-34】 6番安楽寺から11番藤井寺、鴨島市街まで 〈その12〉[2015年1月11日]

二つ目の潜水橋、川島橋を渡る。

今回は、何としても二巡目の時に歩き忘れた道、へんろ地図の赤い点線の道を歩きたい。
橋を渡り終えると、遍路シールは右方向へと誘導している。左には砂利道が続いており、この道で間違いないようである。

今歩いて来た潜水橋には、後続のお遍路さんが続いていた。
会社の上司と部下風の二人組、そしてもう一組、お遍路さんが歩いている。
「民宿寿食堂」で同宿だった、二組の夫婦のうち、60代くらいの方のペアである。(6)安楽寺から度々見掛けていたが、荷物を持っていないので、車遍路かと思っていた。荷物は宿にでも預けてあるのだろうか。

へんろ地図の赤い点線に沿って進む。
振り返ると、後続のお遍路さんたちは、反対方向に進んで行く姿が見えた。
こちらは、昔の道を忠実に辿ってみることにする。

それにしても、強風が吹き付け、寂しい砂塵の道をただ一人、歩いている、といった風情である。荒野の決闘でも起こりそうな場所であった。
遍路札などは、一切見付けられなかった。

へんろ地図の「昔の渡し舟道」と書いてある辺りにやって来た。
何か石碑や案内板があるかと思ったが何もなく、ここから直角に曲がる道があるはずだが見当たらない。
地図にある斜め方向の道を進み、堤防の道に出た。少し戻ると、案内板があった。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-172】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その4〉[2016年8月14日]
【3巡目-171】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その3〉[2016年8月14日]
【3巡目-170】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その2〉[2016年8月14日]
【3巡目-169】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その1〉[2016年8月14日]
【3巡目-168】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その14〉[2016年8月13日]
【3巡目-167】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その13〉[2016年8月13日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-172】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その4〉[2016年8月14日] (2017-06-28 22:44)
 【3巡目-171】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その3〉[2016年8月14日] (2017-06-25 22:30)
 【3巡目-170】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その2〉[2016年8月14日] (2017-06-22 22:07)
 【3巡目-169】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その1〉[2016年8月14日] (2017-06-19 22:45)
 【3巡目-168】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その14〉[2016年8月13日] (2017-06-16 22:13)
 【3巡目-167】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その13〉[2016年8月13日] (2017-06-13 22:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。