2015年12月15日

【3巡目-47】 11番藤井寺から12番焼山寺、神山市街まで 〈その6〉[2015年8月15日]

「柳水庵」の休憩所には、清水が湧き出していた。

もちろん、この水の存在は知っていたが、万が一枯れていては、と思い、念のために5.5リットルもの飲料水をリュックに詰めてきていた。

汗をかきすぎないようにゆっくり歩いて来たことや、思ったほどの暑さではなかったので、結果的には2リットルのペットボトル一本でも大丈夫だった。
いくら何でも、5.5リットルは用意し過ぎだった。

(12)焼山寺まで歩き通せるか自信が無かったので、まだ今日の宿の予約はしていなかったが、ここまで来れば大丈夫だろう、と連絡してみる。

これまでの二巡では、「植村旅館」に宿泊している。一度、「なべいわ荘」に泊まってみたいと思っていたのだが、お盆中は営業しているのだろうか。
ということで、第一候補にしていた、神山の「桜屋旅館」に電話すると、無事に予約を取ることが出来た。

名古屋の青年が先に出発していった。
今日は行ける所まで行く、と話していたが、無事に二日間の遍路旅を終えただろうか。

よく考えてみると、歩き遍路の方との会話は、3年振りになるだろうか。
最近では、宿に泊まっても貸切ばかりで、実際に今回泊まった二つの宿もそうだった。明日、明後日とも、道中、歩き遍路さんとは出会わなかった。

青年の話では、「旅館吉野」に宿泊していた歩き遍路は3~4人だったそうで、ここまで、50代くらいの男性と40代くらいの女性の二人を追い越してきた、と話していた。

食欲は無かったが、おにぎりを一つ食べて、こちらも出発した。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-181】 第22回 区切り打ち 帰宅[2016年8月14・15日]
【3巡目-180】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その12〉[2016年8月14日]
【3巡目-179】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その11〉[2016年8月14日]
【3巡目-178】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その10〉[2016年8月14日]
【3巡目-177】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その9〉[2016年8月14日]
【3巡目-176】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その8〉[2016年8月14日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-181】 第22回 区切り打ち 帰宅[2016年8月14・15日] (2017-08-04 20:40)
 【3巡目-180】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その12〉[2016年8月14日] (2017-08-01 22:30)
 【3巡目-179】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その11〉[2016年8月14日] (2017-07-29 22:39)
 【3巡目-178】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その10〉[2016年8月14日] (2017-07-26 21:53)
 【3巡目-177】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その9〉[2016年8月14日] (2017-07-23 22:04)
 【3巡目-176】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その8〉[2016年8月14日] (2017-07-13 14:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。