2016年01月30日

【3巡目-56】 11番藤井寺から12番焼山寺、神山市街まで 〈その15〉[2015年8月15日]

「杖杉庵」の平らな石の上に腰掛けて、リュックを背負ったまま身体をそらして息を整えた。

銅像の衛門三郎さんの姿が憐れである。腰を曲げたお大師さんも珍しいのでは。
出発しようと腰を上げると、入れ違いに黄緑色のリュックの方もやって来た。

道路脇の小道を下りて行くと、前方上に、別の梅干し無人販売所が見えた。
小袋があれば、ともう一度車道に戻って覗いてみるが、ここも同じく一袋300円だった。あきらめて、遍路道へと戻る。

果樹園脇の夏草に覆われた場所を過ぎると、再び幅が広めの、デコボコの歩きの道となる。
ジグザグと下り道が続く。

下りは、足のつま先に靴があたり、苦手である。(12)焼山寺に向かっている時に感じた左膝の違和感がやや感じられることからも、ゆっくりと進んで行く。

そこに、黄緑色のリュックの方がドンドン近付いて来て、追い越して行った。なかなか、早いペースで下っていた。山歩きに慣れているのだろうか。

1時間程山道を下り、ようやく鍋岩の集落までやって来た。
車同士がすれ違えない区間を抜けると、「おへんろ駅」や新しいトイレ、そして「すだち館」がある一角に到着する。

「おへんろ駅」はこれまで営業している所を見たことが無いが、もしかしたらここは観光バスの駐車場で、マイクロバスなどに乗り換える場所なのだろうか。新しいトイレの存在も納得出来る。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-161】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その7〉[2016年8月13日]
【3巡目-160】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その6〉[2016年8月13日]
【3巡目-159】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その5〉[2016年8月13日]
【3巡目-158】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その4〉[2016年8月13日]
【3巡目-157】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その3〉[2016年8月13日]
【3巡目-156】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その2〉[2016年8月13日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-161】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その7〉[2016年8月13日] (2017-05-24 21:45)
 【3巡目-160】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その6〉[2016年8月13日] (2017-05-21 22:10)
 【3巡目-159】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その5〉[2016年8月13日] (2017-05-18 21:33)
 【3巡目-158】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その4〉[2016年8月13日] (2017-05-15 20:54)
 【3巡目-157】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その3〉[2016年8月13日] (2017-05-12 19:07)
 【3巡目-156】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その2〉[2016年8月13日] (2017-04-26 20:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。