2016年04月24日

【3巡目-74】 神山市街から、建治寺、別格2番童学寺、13番大日寺まで 〈その14〉[2015年8月16日]


へんろ地図では、童学寺に向けては「レ」の字のような道となっている。どこかにショートカットが無いだろうか。

資材置き場のような荒地の向こうに、住宅の屋根が見えている。ここから近道が出来ないか、と入ってみることにした。

小さな墓地も見えてきた。これは通り抜け出来るぞ、と思ったが、墓地へと通じる小道は、普通の民家の庭から伸びており、それも横をすり抜けることも出来ず、家の中を通らなければ出られない、という状態だった。この家専用の道のようである。

他に道は見当たらず、あきらめて、来た道をトボトボと戻った。
[2]童学寺からの帰りに発見したのだが、墓地の所からもう少し山手に向かうと、竹藪の中に小道があって、この場所に抜けることが出来るのである。

交通量の多い道へと戻り、麓まで下りて、車用の案内板に従って左折する。
帰りに備えて、どこかに抜け道はないかと探しながら歩く。

道は突き当たりとなる。ため池があり、右手に[2]童学寺の山門が見えた。中国風のかわいらしい山門である。

ため池の堰堤の部分が通路となっている、変わったアクセスで、童学寺に到着した。
見方によっては、ゆるキャラにも見える山門だった。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日]
【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日]
【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日]
【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日]
【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日]
【3巡目-150】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その12〉[2016年5月9日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日] (2017-04-22 20:27)
 【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日] (2017-04-18 21:00)
 【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日] (2017-04-09 20:53)
 【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日] (2017-04-06 21:19)
 【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日] (2017-04-03 16:39)
 【3巡目-150】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その12〉[2016年5月9日] (2017-03-30 20:29)

この記事へのコメント
こいったんさん、

初めまして、ブログを拝読させていただいております。

書かれていること同じ道かもしれませんが、童学寺のショートカットは、

トンネルを抜けて進みますと、コンクリートの側壁が終わった先左側に造成地があります。

最初の進入路にはトラロープが張られてますが、これは不法投棄のためです。
トラロープの横をすり抜けて、まっすぐ中へ入り道なり右にカーブをしてます。
そのまま道なりに進みますと、左手藪の中にトンネルのような小路があります。
その中に進みますと昔の遍路札が下がってます。
抜けると突き当たります、右に行き道なり左の方へあぜ道みたいな路を真っすぐ行きますと、車道にぶつかり左てにため池憧学寺です。
Posted by Papa at 2016年04月25日 09:10
Papaさん、はじめまして。ご訪問、ありがとうございます。

帰りに発見したショートカットは、詳細にコメントして下さった通りです。

最初の進入路には、コメントの通りトラロープが張られていたので入らなかったのですが、もう少し下った場所は自由に出入り出来たので進んでみました。
上の写真と記事に書いてあるのがその場所です。

藪の中に遍路札を発見した時には、感動しました。歩き遍路の執念のようなものを感じます。
Posted by こいったんこいったん at 2016年04月25日 20:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。