2016年06月03日

【3巡目-82】 13番大日寺から、地蔵越、あずり越え、19番立江寺まで 〈その1〉[2015年8月17日]

翌日は、午前6時過ぎに起床。朝食は、6時半からだった。
ご主人が昨夜同様、話し相手をしてくれる。
厨房には、昨日見掛けなかった女性の方がいた。奥さんだろうか。

食後には、遍路宿では珍しく、モーニングコーヒーが出てきた。これはうれしいサービスである。

昨日調子が悪かった尿の方は、回復してきていた。一安心である。

このお盆は、真夏とは言え、気温は30℃を超えるか超えないかだった。滅入るほどの暑さではなく、これまでの夏遍路と比べれば、汗のかき具合はマシな方である。
それでもこのような変調をきたすのは、少しずつ老化が進んできている証拠だろう。

身支度を整える。出発時にご主人から、頭陀袋の楽な掛け方を教えてくれた。

これまでは肩のどちらかに掛けて歩いていたが、リュックに引っ掛ける担ぎ方だった。
頭陀袋は身体の正面にくる形となるが、肩への負担が全く無くなり、目から鱗であった。以降、この担ぎ方で歩かせてもらった。

午前7時15分、「名西旅館花」を出発した。
まずは、道路向かいにある一宮神社に立ち寄ってから、(13)大日寺へと入った。

本日は、お盆休み明けの平日。一般の勤め人にとっては、つらい一日だろう。
寺前の狭い道を、スピードを上げた車が通過していく。
こちらは、休みをずらしたので、15日から明後日の18日までお休みである。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日]
【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日]
【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日]
【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日]
【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日]
【3巡目-150】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その12〉[2016年5月9日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日] (2017-04-22 20:27)
 【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日] (2017-04-18 21:00)
 【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日] (2017-04-09 20:53)
 【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日] (2017-04-06 21:19)
 【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日] (2017-04-03 16:39)
 【3巡目-150】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その12〉[2016年5月9日] (2017-03-30 20:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。