2016年06月28日

【3巡目-88】 13番大日寺から、地蔵越、あずり越え、19番立江寺まで 〈その7〉[2015年8月17日]


(17)井戸寺には、数組の参拝客の姿があった。
「面影の井戸」と呼ばれる井戸があり、覗き込んで自分の姿が映れば無病息災、映らなかったら3年以内の厄災に注意する、との事である。

(3)金泉寺にも同じような井戸があったから、これで二ヶ所目となる。
おそるおそる覗いてみると、しっかりと自分の姿が映っていた。映らないようなことはあるのだろうか。

参拝を終え、納経所へ。先達風の方が案内客と共におり、御杖を奉納したい旨、納経書きの人にお願いしているのだが、随分と話が長引いている。
先達風の方は、こちらの存在に気が付いているのようなので、気を利かせて順番を譲ってくれないかな、と思ったのだが、話し続けている。

お遍路中ということもあり、静かに順番を待つ。10分程待っただろうか。
これでも、納経で待たされた、最長時間になると思う。

(17)井戸寺を出立する。ここからはルートがいくつか分かれるが、10年前の一巡目の時に歩いた、懐かしい道を歩くことにした。

お寺を出て左の方向に進み、井戸寺のバス停がある場所で、右折した。写真のように、田んぼが広がっており、農道のような道となっている。
へんろ地図で、赤い点線となっている道である。

前回歩いた時には、道しるべはほとんど無かったと記憶しているが、今回は何枚かの遍路シールが貼られているのを発見した。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日]
【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日]
【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日]
【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日]
【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日]
【3巡目-150】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その12〉[2016年5月9日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日] (2017-04-22 20:27)
 【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日] (2017-04-18 21:00)
 【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日] (2017-04-09 20:53)
 【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日] (2017-04-06 21:19)
 【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日] (2017-04-03 16:39)
 【3巡目-150】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その12〉[2016年5月9日] (2017-03-30 20:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。