2016年09月08日

【3巡目-105】 13番大日寺から、地蔵越、あずり越え、19番立江寺まで 〈その24〉[2015年8月17日]


(19)立江寺が近付いてきた。
道なりに橋を渡るコースと、右方向への道があり、どちらを通っても立江寺にたどり着ける。

遍路宿の「鮒の里」を一度見てみたいと思い、右方向への道に入ってみた。
宿の前まで来ると、車が何台か止まっており、室内にお客さんだろうか、談笑している姿が見えた。
お盆明けのお遍路さんがあまりいない時期にも関わらず、宿泊客がいる様子だった。

特徴のある、赤い欄干の橋を渡ると、門前街と呼んでもいいのだろうか、お寺に向かって道の両側にぽつぽつと商店が並んでいた。

その突き当たりに(19)立江寺があるが、門扉に閉ざされていた。
時間が過ぎるとお参り出来ないのか、と一瞬がっかりしたが、確か、もう少し先に山門があったはず、と右の方に行ってみると、境内への入口があった。出入り出来そうである。

納経は次回にするとしても、立江寺で参拝して帰りたかったので一安心である。
到着したのは、午後6時半を過ぎていた。あと少しで真っ暗になりそうである。

もちろん、人っ子一人いない境内ではあったが、自転車に乗った地元の方がトイレを借りに立ち寄っていた。

(19)立江寺の境内はわりと広く、本堂と大師堂は離れた場所にある。時間も遅いので、目立たないよう、静かにお参りした。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-171】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その3〉[2016年8月14日]
【3巡目-170】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その2〉[2016年8月14日]
【3巡目-169】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その1〉[2016年8月14日]
【3巡目-168】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その14〉[2016年8月13日]
【3巡目-167】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その13〉[2016年8月13日]
【3巡目-166】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その12〉[2016年8月13日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-171】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その3〉[2016年8月14日] (2017-06-25 22:30)
 【3巡目-170】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その2〉[2016年8月14日] (2017-06-22 22:07)
 【3巡目-169】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その1〉[2016年8月14日] (2017-06-19 22:45)
 【3巡目-168】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その14〉[2016年8月13日] (2017-06-16 22:13)
 【3巡目-167】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その13〉[2016年8月13日] (2017-06-13 22:30)
 【3巡目-166】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その12〉[2016年8月13日] (2017-06-10 22:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。