2016年11月17日

【3巡目-120】 19番立江寺から、阿千田越え、番外取星寺、坂本まで 〈その12〉[2016年5月7日]


今日中に、別格の慈眼寺を打つかどうか、歩きながら考えていたが、なかなか決まらない。標高がある(550m)札所なので、時間が読めない。

このまま宿に直行すれば早過ぎるし、かといって[3]慈眼寺に向かうと、宿入りが夕方6時を過ぎそうである。
明日の宿のことも考えておかねばならず、難しい所である。

頑張れば慈眼寺まで行けるのかも知れないが、昨晩は四国への移動日でもあり、あまり眠っていないことからも、力が今一つ湧いてこない。

農協のバス停の休憩コーナーを出発する。本日の宿、「ふれあいの里さかもと」へは、要所に看板が立っており、道に迷うことはなかった。

古い遍路石を所々で観ながら、歩みを進めていく。

昔からの集落を抜け、案内板通りに進む。
急な坂道を上り、今日これからどうするか決まらないまま、「ふれあいの里さかもと」に到着してしまった。

時刻は午後2時半である。道の駅「ひなの里かつうら」からは、2時間15分程だった。
さて、どうしようか。とりあえず、宿に一旦入ることにした。

受付の方の話しぶりでは、この時間からの慈眼寺は遅すぎ、といった感じだった。あっさりと諦め、今日はここで打ち止めとすることにした。
これまでの歩き遍路中、最速時間での宿入りである。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-181】 第22回 区切り打ち 帰宅[2016年8月14・15日]
【3巡目-180】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その12〉[2016年8月14日]
【3巡目-179】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その11〉[2016年8月14日]
【3巡目-178】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その10〉[2016年8月14日]
【3巡目-177】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その9〉[2016年8月14日]
【3巡目-176】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その8〉[2016年8月14日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-181】 第22回 区切り打ち 帰宅[2016年8月14・15日] (2017-08-04 20:40)
 【3巡目-180】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その12〉[2016年8月14日] (2017-08-01 22:30)
 【3巡目-179】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その11〉[2016年8月14日] (2017-07-29 22:39)
 【3巡目-178】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その10〉[2016年8月14日] (2017-07-26 21:53)
 【3巡目-177】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その9〉[2016年8月14日] (2017-07-23 22:04)
 【3巡目-176】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その8〉[2016年8月14日] (2017-07-13 14:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。