2016年11月27日

【3巡目-121】 19番立江寺から、阿千田越え、番外取星寺、坂本まで 〈その13〉[2016年5月7日]


チェックインの時に、明日の宿について聞かれた。「民宿 碧」さんを考えている、と話をすると、こちらで電話しておきます、と言ってくれた。

一般の遍路道からは少々外れ、へんろ地図には掲載されていないが、加茂谷にあるという宿で、「かも道」を尋ねるには、ちょうど良い場所にある。

宿の方に次の宿の予約をしてもらうのは初めてのことだったので、うれしかった。電話が苦手なのである。

早い時間の到着にも関わらず、すぐに入浴出来るようにしてくれた。
その前に洗濯機を回す。洗濯機・乾燥機とも4台ずつあって、混雑時でも助かるだろう。
お風呂は、洗い場が五つほどある広さの上、お湯が噴き出して循環しており、ゆっくりと足を伸ばしてくつろげるお風呂だった。

早い時間の到着だったが、書き物をしたりテレビを観ているうちに、あっという間に時間が過ぎていった。

宿の方から、「民宿 碧」さんが、偶々都合でお休み、という話があった。これは、大騒動である。

この先、(22)平等寺まで、宿なし区間になってしまったこともあり、「民宿 碧」さんを当てにしていたのである。
ここから、宿の方と、明日の計画を必死に立てることになった。

自分の予定にもこだわりがあって、どうしても南北朝時代の遍路石があるという「かも道」と、(21)太龍寺からは、11年前に足を引き摺りながら歩いた懐かしい、メインルートにもなっている一般の車道を歩きたいと考えていた。

この両方をクリアしつつ、宿を確保する、という難しい作業となった。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-181】 第22回 区切り打ち 帰宅[2016年8月14・15日]
【3巡目-180】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その12〉[2016年8月14日]
【3巡目-179】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その11〉[2016年8月14日]
【3巡目-178】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その10〉[2016年8月14日]
【3巡目-177】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その9〉[2016年8月14日]
【3巡目-176】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その8〉[2016年8月14日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-181】 第22回 区切り打ち 帰宅[2016年8月14・15日] (2017-08-04 20:40)
 【3巡目-180】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その12〉[2016年8月14日] (2017-08-01 22:30)
 【3巡目-179】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その11〉[2016年8月14日] (2017-07-29 22:39)
 【3巡目-178】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その10〉[2016年8月14日] (2017-07-26 21:53)
 【3巡目-177】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その9〉[2016年8月14日] (2017-07-23 22:04)
 【3巡目-176】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その8〉[2016年8月14日] (2017-07-13 14:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。