2016年12月13日

【3巡目-125】 別格3番慈眼寺、20番鶴林寺、かも道、21番太龍寺麓まで 〈その2〉[2016年5月8日]


林の中の歩きの道、視界が開ける場所に出て車道歩き、を繰り返す、変化に富んだ、退屈しない道行である。

標高のある札所ではあるが、急な上りは少なく、少しずつ高度を上げていく印象である。
本当にきついのは、お寺に着いてからであった。

遥か彼方の山の頂上に、風力発電らしきプロペラが見える。
(12)焼山寺からの、「玉が峠」を過ぎてからの道でも谷の向こうにプロペラが見えていたが、同一の物を反対側から見ているのかも知れない。

全く車が通らない広域農道の無味乾燥な道を進み、再び山道へと入る。

しばらくは農道のような道で、頂いた地図には農家がある、となっているが、跡形もなく消えていた。

歩きの山道となった所で、休憩所の看板があり、古い作業小屋があった。

このような人の気配が無い場所の休憩所、きっと中は汚れてしまっているだろう、と思いつつ、中に入ってみると、結構小ぎれいだった。
誰か、定期的に整備してくれている人がいらっしゃるに違いない。
遍路ノートがあったのでパラパラとめくってみると、少ないながらも利用したお遍路さんの言葉が書かれていた。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-176】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その8〉[2016年8月14日]
【3巡目-175】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その7〉[2016年8月14日]
【3巡目-174】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その6〉[2016年8月14日]
【3巡目-173】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その5〉[2016年8月14日]
【3巡目-172】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その4〉[2016年8月14日]
【3巡目-171】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その3〉[2016年8月14日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-176】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その8〉[2016年8月14日] (2017-07-13 14:18)
 【3巡目-175】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その7〉[2016年8月14日] (2017-07-07 22:22)
 【3巡目-174】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その6〉[2016年8月14日] (2017-07-04 23:18)
 【3巡目-173】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その5〉[2016年8月14日] (2017-07-01 23:48)
 【3巡目-172】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その4〉[2016年8月14日] (2017-06-28 22:44)
 【3巡目-171】内妻から、海南、海部、宍喰、東洋町生見まで 〈その3〉[2016年8月14日] (2017-06-25 22:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。