2016年12月21日

【3巡目-127】 別格3番慈眼寺、20番鶴林寺、かも道、21番太龍寺麓まで 〈その4〉[2016年5月8日]


[3]慈眼寺の本堂で参拝し、来た道を戻る。
行きも帰りも、数組の参拝客とすれ違った。別格にしては、人の気配がある印象である。
GW中ということがあるのだろう。

大師堂がある元の場所へと戻って来た。
境内のベンチで、ゆっくりと休ませてもらう。住職夫妻だろうかが出て来て、家族連れを見送っている。GWで帰省してきたお子さん夫婦だろうか、と勝手な想像をする。

大師堂横の建物が自由に入れるようになっていたので、中の方へ。
「護摩木」が置いてあり、1本200円と手頃な値段だったので、「心願成就」と一筆書かせてもらい、奉納させてもらった。

[3]慈眼寺を出立する。
来た道をまた戻ることになるのだが、変化に富んだ遍路道だったこともあり、まだ歩いたことが無い道を進んでいる感じがする。

道しるべがしっかりしており、帰りも道に迷う心配は無かった。

林の中を進みながらも、時折、視界が開けて、雄大な景色が現れる。遠くにダムも見えていた。

先程の、急斜面に建つ家の前を通ると、子供たちがいて賑やかだった。このような場所に子供が住んでいるのは、今の時代には滅多に無い事だろう。きっと、帰省中に違いない。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-156】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その2〉[2016年8月13日]
【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日]
【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日]
【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日]
【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日]
【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-156】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その2〉[2016年8月13日] (2017-04-26 20:16)
 【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日] (2017-04-22 20:27)
 【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日] (2017-04-18 21:00)
 【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日] (2017-04-09 20:53)
 【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日] (2017-04-06 21:19)
 【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日] (2017-04-03 16:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。