2017年01月31日

【3巡目-137】 別格3番慈眼寺、20番鶴林寺、かも道、21番太龍寺麓まで 〈その14〉[2016年5月8日]


車道を下り続ける。思った以上に長く感じる。

大分、麓まで来たかなあ、という所で、少し先の道路が広くなった場所でUターンしている車がいた。
その車の方が自分の姿を見つけて、大きな声で「乗っていきますか~」と声を掛けてくれた。

今回、この車道を歩いたのは、11年前に痛む膝を引きずりながら、ほうほうのていで歩き、何とか「龍山荘」までたどり着いた、それを懐かしんでのことである。

これから、遍路宿だった「龍山荘」のあった場所へ、という、今回の遍路旅における一大メインイベントが開始、という場所で、お接待の声が掛かった、という訳である。

以前こんなことがあったhttp://masaushi3975.kitemi.net/e75786.htmlので、車お接待は受けようと決めていたから、反射的に、お願いします、と返事をし、快く申し出を受け入れさせてもらうことにした。

車に乗せてくれたのは、まだ30代後半くらいの、青年といってもいい方だった。
15年ぶりにこの辺りに来てみたそうで、自分と同じように、何か懐かしさを求めてやって来ていた様子だった。

車窓から、(21)太龍寺に到着した時に出発して行ったお遍路さんが歩いている姿が見えた。この先宿は無く、きっと野宿するのだろう。

青年の昔話などに耳を傾けながら、車は走る。
阿瀬比のバス停までお願いしたのだが、その少し先、「山口中」というバス停まで送って頂いた。

お陰で、1時間前のバスに乗り、それも徳島駅直行便だったので、1時間半早く徳島駅に着くことが出来た。

お接待と言えば、お年寄りがしてくれる印象だが、今日親切にしてくれた方たちは、自分と年が近い方ばかりだった。このように、次の世代へとお接待が受け継がれていって欲しい。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-156】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その2〉[2016年8月13日]
【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日]
【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日]
【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日]
【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日]
【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-156】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その2〉[2016年8月13日] (2017-04-26 20:16)
 【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日] (2017-04-22 20:27)
 【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日] (2017-04-18 21:00)
 【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日] (2017-04-09 20:53)
 【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日] (2017-04-06 21:19)
 【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日] (2017-04-03 16:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。