2022年04月24日

【3巡目-737】 高松市内(ジグザグ遍路道)④ [2020年7月25日]〈その18〉

小さな踏切を渡りしばらく進むと、車通りのある県道となる。
夕焼け空が美しいが、真っ暗になれば道が分からなくなりそうで、先を急がなければならない。

再び、気付きにくい小道への分岐があった。
少し遍路道を外れた先に前回利用したコンビニがあるので、立ち寄ることにした。その時と同じく、アイスコーヒーを購入し、手にしながら歩く。

その間に、辺りはすっかり暗くなってきてしまった。午後7時半近くである。
ジグザグも終盤に差し掛かり、あとわずかである。

指差し遍路石があったので写真を撮ってみるが、暗闇の中で不気味なものになってしまった。

JRの線路下をくぐると、大通りとなった。大きなスーパーとドラッグストアがあり、ジグザグ遍路道を制覇である。

ほんの一部違う道を歩いたが、ほぼ英語版へんろ地図のルート通り歩けただろう。
今回も、なかなか楽しい道行だった。


ここからは、交通量のある夜の県道を進む。

大きな川を渡ると、毛糸?「の帽子をかぶったお地蔵さんが鎮座した遍路石があり、(84)屋島寺へと誘導していた。こんな大きな道にも遍路石が残っていた。

へんろ地図では、もう一本向こうの国道が遍路道に指定されているから、この県道を歩くお遍路さんは少ないだろうなあ、と思っていたら、最新の地図(第12版)を確認してみると、こちらの道にも赤い線が新たに引かれていた。  


Posted by こいったん at 00:02Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年04月21日

【3巡目-736】 高松市内(ジグザグ遍路道)③ [2020年7月25日]〈その17〉

トイレに行きたくなっていたが、この公園には、地図では50m程遍路道を離れた場所にトイレマークがあることになっている。それらしき建物が見えている。

この先トイレがあるとは限らないから、遍路道を外れることに戸惑ったが立ち寄る。

遍路道はこの先、ため池沿いに続いている。堤防の上を歩くことにした。四連休中の土曜日とあってか、ランニングしている人たちに次々とすれ違った。


自分自身は、今の歩き遍路とか、マラソンやウォーキングの大会など、終わった後に何かご褒美がある時しか身体を動かそうとは思わないので、こういった人たちは凄いなあ、と思う。
普段は、出来るだけキツイことはしたくない。

その堤防沿いにも、指さしの遍路石らしきものが置かれていた。
こういった遍路石が意外な場所にポツポツとあるのが、このジグザグ遍路道の面白い所である。


この時点で既に、午後6時半を過ぎている。
日没が迫っており、急がなければならない。

何の変哲もない、普通の住宅街を左に右にと進む。

民家の軒先を進み、人間一人だけが通れる「ことでん」の踏切へ差し掛かった。以前と変わらず通ることが出来て安心する。  


Posted by こいったん at 00:01Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年04月15日

【3巡目-735】 高松市内(ジグザグ遍路道)② [2020年7月25日]〈その16〉

英語版へんろ地図のコピーを手に、かろうじて残っている遍路シールを参考にしながら、ジグザグと高松市内を横断する。
明るい内に、出来るだけ先に進んでおきたい。

一ヶ所だけ地図とシールが違う方向を指していてシールに従った箇所があったが、それ以外は英語版へんろ地図通りの道筋を通ったはずである。

案内が消えてしまっていたり、地図には無い、新しく大きな道が完成して横切っていたりもしたりと、踏破する難易度が上がっているのでは。
通常のへんろ地図に掲載されると、残念ながら、道に迷って苦情が出てしまいそうである。

それでも地図を片手に、遍路道の痕跡を探しながら歩くのはとても楽しい。

遍路石もかなり残っており、どなたか遍路シールの張り替えなど、定期的にお世話して下さる方がいらっしゃればなあ、と思う。
なぜか、行政シールも忘れた頃に出現していた。

大幹線道路の国道11号線を横断した後も、ジグザグと進む。

ため池と広い公園がある場所に差し掛かった。この日は休日で、子どもを連れた家族がたくさん遊びに来ていた。こちらの遍路姿を不思議そうにみているお父さんもいる。この道が遍路道とは、もちろん知らないのだろう。  


Posted by こいったん at 01:21Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年04月12日

【3巡目-734】 高松市内(ジグザグ遍路道)① [2020年7月25日]〈その15〉

ジョイフルでは、生ビールとハンバーグの定食を注文する。また、インスタントのスープを何杯もお替りして、塩分補給させてもらった。

店員は慣れない高校生のバイトだろうか、うまくこなせていない様子だったが、結構遠い所から来た?、と話し掛けられて驚いてしまった。まだまだ無邪気なようである。

ゆっくりと休ませてもらい、午後5時半過ぎになって出発する。

出来るだけ明るい内にジグザグ遍路道を進みたいから、ここからは気合を入れて歩くことにした。日没は19時半過ぎだろう。

カラーコピーしておいた英語版のへんろ地図を片手に、遍路道を外さないように、注意もしつつ進む。

早速、遍路石があったり、変わった小道を進んだりと、やはり楽しい。

写真の、以前は田んぼが広がっていた場所に、新しい住宅が並んでいたりしたが、遍路道は草が生えつつもそのまま残されていて安心する。

この辺りはもう地図には掲載されていない場所だから、ここに住んでいる人たちは、この道が遍路道だとは知らないかもしれない。  


Posted by こいったん at 00:03Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年04月09日

【3巡目-733】 83番一宮寺 [2020年7月25日]〈その14〉

新型コロナの影響で、手水場の水が止められている札所が多かったが、(83)一宮寺では水を出してくれているのが良かった。

本堂には、あの(77)道隆寺の手前でお接待してくれているお地蔵さんが、ずらりと並んでいた。

奉納なのか、遊び心なのか、荷物になるからなのか、どう捉えていいのか分からなかった。
せっかくのかわいいお地蔵さんなのだから、自宅に持って帰って置いておけば、と思うのだが。

午後4時半に、(83)一宮寺を出立する。

宿までは、まだ約10kmもあるが、ゆっくりと腹ごしらえをして力を蓄えるため、近くにあるファミレスに立ち寄るつもりである。
一体、宿に到着するのは何時になるだろうか。

それも、一直線に進むのではなく、へんろ地図から削除されてしまった、ジグザグ遍路道を歩き、(84)屋島寺を目指す予定である。
写真は、昔のへんろ地図である。

10分弱進んだ所で、ジョイフルが見えてきた。
遍路道を少し外れて立ち寄ることにする。時刻は既に午後4時半を回っていた。  


Posted by こいったん at 00:04Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年04月06日

【3巡目-732】 田村神社、83番一宮寺 [2020年7月25日]〈その13〉

本殿のある辺りに(83)一宮寺の山門がある辺りのはずだが、探してみても、ここから通り抜けは出来そうになかった。

本殿横には外国人受けしそうな、連なる赤い鳥居があり、そこを抜けると、金ぴかの布袋尊や大きな狸の像がある反対側の入口となった。

少し逆打ちする形で遍路道を戻ると、(83)一宮寺に到着となった。

お隣の「田村神社」とは、塀によって、完全に分断されていた。これまで隣にありながら、気が付かなかったのも納得した。仲があまり良くないのだろうか。

写真の左側が田村神社で、右側が一宮寺である。

山門で一礼して境内に入る。
親子か、孫と爺だろうか、歩き遍路らしき二人組がいた。
せっかく真夏に出会った歩き同志、挨拶くらいはしたいのだが、こちらに目もくれず、早々に出立していった。

また、(80)国分寺で見掛けた、遍路とは縁が無さそうな、アニメ好き風の若いカップルも参拝していた。
こちらが83番へと直接歩いている間に、車で81番、82番を周ったのだろう。  


Posted by こいったん at 00:05Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年04月03日

【3巡目-731】 80番国分寺から、田村神社、83番一宮寺へ [2020年7月25日]〈その12〉


高松西インター付近で高架下をくぐり、静かな道を進むと、民家が並ぶようになってきた。

南海道一里松跡なる史跡があったりする。「南海道」がよく分からないが、古くからの道のようである。

高知県へと続く、広い国道32号線を横断すると、「横内の四つ辻」なる史跡があった。
高松・一宮と書かれた標石があり、案内板によると、金毘羅街道との交差点、という事だった。
歴史のある道を歩いているようである。

(83)一宮寺の側までやって来たが、先に、昔の札所だったという、「田村神社」に立ち寄ることにしている。
一宮寺の隣にある、という事だが、これまで存在に気が付かなかった。

裏通りのような道を進むと、田村神社に到着となった。
鉄製の簡易鳥居のようなものが建っている。
横の小道に入ると、一宮寺のようだった。

入口は思ったよりも小ぢんまりとした印象だったが、両脇に松の木だったかが植えられた、長くて立派な参道が続いていた。
敷地は、細長くなっているようである。

大きな鳥居があり、真正面に車が止まっていた。新車のお祓いだろう。
本殿の横に赤い鳥居が並んでおり、反対側の方へ抜けられそうである。  


Posted by こいったん at 00:06Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年03月29日

【3巡目-730】 80番国分寺から、83番一宮寺へ [2020年7月25日]〈その11〉

それにしてもお腹がすいてしまった。無性にこってりしたラーメンが食べたくなり、ラーメン屋を探しながら歩く。
こういったことが、度々ある。

普通の集落の中を歩いていると、意外な場所に期せずして、お洒落な感じのラーメン屋があった。が、新型コロナの影響で、営業時間を短縮しており、残念ながら時間外だった。

どこかゆっくり出来る飲食店に入りたかったのだが、大通りの方にコンビニがあるのが見えている。諦めて、ここで腹ごしらえすることにし、横の方の地べたで食べさせてもらった。

こういった、普段出来ないことが出来るのが歩き遍路の楽しみでもあるが、目立たない場所を探さなければならない。

裏通りへと戻り、狭い道を進むと、県道に出てきた。
道を横断し、ため池に沿って進む。きっと、この道を歩くお遍路さんなどいないだろう。

再び、県道に合流する。
通常のへんろ地図では、このまま県道を進み、(83)一宮寺へ向かうことになっているが、今回は東海図版の地図に掲載されている、旧道らしき方の道を歩くことにした。

しばらく大通りを進むが、高松西インターの辺りで、再び静かな道へと入った。  


Posted by こいったん at 00:07Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年03月26日

【3巡目-729】 80番国分寺、83番一宮寺へ [2020年7月25日]〈その10〉

(80)国分寺を出て県道を横断すると、うどん屋さんがあった。
中を覗くと、営業している様子で、入りやすそうな感じだった。ここで昼食にしておけば良かったのだが、後の祭り。

店を通過してしばらく歩いた所で、急にお腹が空いてきてしまった。戻るには大分先に進んでしまった。
この後、なかなか食事処が見付からず、辛いことになる。

大きな池に沿った、田園地帯の道を進む。
国道11号線に出ると、片側二車線の大きな道に、車が多く行き交っていた。

この国道沿いに食事処がいくつかあるようなのだが、今日のような休日の昼時に一人で利用するのは恥ずかしい。

国道を横断して、裏道へと入る。

遍路シールを発見するが、違う方向を指示している。おかしいなあ、と思い無視する。
後でへんろ地図で確認してみると、(82)根香寺の奥之院、鷲峰寺への案内だったかも知れない。根香寺の奥之院がこの辺りにあるとは。

集落の中の道を進んで行く。
所々に遍路石が残されていた。字が読みにくいものもあるが、(83)一宮寺を案内しているのだろう。  


Posted by こいったん at 00:08Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年03月23日

【3巡目-728】 80番国分寺 [2020年7月25日]〈その9〉

ラブホテルの看板には、「歩き、TAXI、おひとり様大歓迎」となっていた。
歩き遍路の宿泊も想定しているのだろうか。

「ビジネスホテルオーシャン引田」の例もあるから、近くに食事出来る場所があれば、宿の選択肢に入れても良さそうである。

右折して、旧道風の道に出る。
えびすや旅館や、一度食事をしたことがある、「おへんろの駅こくぶ」の前を通り、(80)国分寺に到着となった。

国分寺という名前だけあって、境内は広くて風格のあるお寺ではあるが、注意書きが多く、どうも好きになれないお寺である。
最終入山(閉門)は十分前、との事である。

大師堂は、納経所を兼ねた建物内にあり、般若心経を唱えるには少々気恥ずかしい。

だが、ここの納経所には、参拝用品がたくさん並んでおり、何年も置きっぱなしのようなものもあって、なかなか面白い。

午後1時を回り、(80)国分寺を出立する。

ここからは、(83)一宮寺を目指す。
初めて歩く道となり、どんな道なのか、楽しみにしている。  


Posted by こいったん at 00:09Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年03月20日

【3巡目-727】 82番根香寺、80番国分寺へ [2020年7月25日]〈その8〉

山の中腹の踊り場で一休みし、再出発する。

朽ちかけた、へんろ道保存協力会の立杭がある。
棒の部分に文字が書いてあり、これを読むのを楽しみにしている。

今回の物は、「御法号 唱えて歩む 暗闇の 彼方に 曙光・・・」となっていた。どこの立杭もどんどん読みにくくなってきており、いずれは見られなくなってしまうだろう。写真を撮って保存しておく。

お堂がある場所に出て来ると、道がコンクリートとなり、墓地の中を通るようになる。
いよいよ下界に降りてきた、といった感じになる。

大量に遍路シールが残っている電柱があったから、写真に残しておく。
遍路シールの時代はもう終わってしまうのだろうか。

民家が見られるようになってきた。
地元の方の視線が気になるから、念のため、外していたマスクを再び着用する。

道なりに(80)国分寺まで下って行くかと油断していたら、右に曲がる場所があった。間違えそうになる。

どんどん道を下って行くと、周囲の景観とは違和感がある、ラブホテルが建っていた。  


Posted by こいったん at 00:08Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年03月17日

【3巡目-726】 82番根香寺、80番国分寺へ [2020年7月25日]〈その7〉

「一本松」から歩きの道を下る。

10分程歩いた頃だろうか、前方からお遍路さんが上がって来た。
滅多に出会わない、夏の歩き遍路さんである。嬉しくて話し掛けてしまう。

今日は、(83)一宮寺辺りまで行けたらいいなあ、との事だった。
もっと色々と聞いてみたいこともあったのだが、疲れているので、と話を切られてしまった。残念である。

春の遍路で出会う、気さくなおじさん遍路は、真夏にはいないだろう。

中腹にある少し開けたベンチのある場所で、一休みすることにした。

昨日の雨によるぬかるみで、靴は汚れてしまっている。
靴と言えば、普通のランニングシューズに安物の靴下で歩いているせいだろうか、下り坂ではつま先が靴に当たったりして、ポンポンと山道を下ることが出来ない。脚は頑丈なのだが。

ズレないような靴下を履いたりするとまた、変わってくるのだろうか。
旅にはお金を使ってしまうのに、物はなかなか買えない性分である。  


Posted by こいったん at 00:07Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年03月14日

【3巡目-725】 82番根香寺、80番国分寺へ [2020年7月25日]〈その6〉

2020年夏遍路の話に戻ります。82番→80番→83番へと向かっています。


午前10時40分、(82)根香寺を出立した。

随分とゆっくりペースで進んでいる。
本日の宿は、(84)屋島寺の麓辺りにある、「ホテルルートイン高松屋島」に取ってあるが、かなり遅い到着になりそうである。

真夏の遍路では、余裕を持った行程を組まなければならないなあ、と学習する。

来た道を逆打ちする形で進む。
行きの時に、遍路道を塞ぐ形でブルドーザーが止まっていて、おやっと思っていたのだが、帰りには、作業員の方たちが道の修復作業をしてくれていた。

先程通った、「十九丁」まで戻って来た。ここから(80)国分寺方面へと進路を変える。

普通に順番通り周る場合には、通らない道となる。ほとんど歩く人のいない遍路道かと思うが、荒れた個所も無く、歩き易い道が続いた。
遍路札もいくつかある。勾配も確か、ほぼフラットだったかと思う。

国分寺から上がって来たら、ようやく車道に到達でホッとする、お馴染みの「一本松」へやって来た。
松が生えているのかどうなのか分からないが、昔は一本松があったのだろうか。
ここから国分寺に向かって、急な下り坂となる。  


Posted by こいったん at 00:06Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年03月03日

【3巡目-724】 82番根香寺 [2020年7月25日]〈その5〉

ヘンロ小屋第51号「五色台子どもおもてなし処」から、へんろ地図には掲載されていないが、(83)一宮寺への遍路道が続いているようである。新しい遍路石が立っていた。

そして気になる遍路石が写真の物で、「端岡駅四十七丁」と刻まれている。

国分駅や鬼無駅だったら分かるのだが、地図を見ていても端岡駅への道は見当たらない。廃道になった遍路道があるのだろうか。
少し歩きの道を下って、(82)根香寺に到着した。

山門をくぐると、一旦、石段を下ってまた上がる、という、ちょっと変わった参道を経て、本堂などがあるエリアに辿り着く。

「ウォーカーズ」のロケ地としても、個人的にはお馴染みのシチュエーションである。

土曜日ということもあり、そこそこ参拝客が来ていた。

本堂へはコの字型の回廊を通って行く形なのだが、新型コロナで回廊が密になるのを避けて、直接本堂に行けるようになっていた。

この日は、境内から高松市内を眺望することが出来た。こんなに眺めが良いお寺とは知らなかった。  


Posted by こいったん at 00:03Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年02月28日

【3巡目-723】 82番根香寺へ [2020年7月25日]〈その4〉

(82)根香寺までは当分車道を進むかと思っていたら、四国のみちの木柱が山道の方へ指示している。
へんろ地図にも掲載されていないようだが、入ってみることにした。

車道より少し高い所に道が続いており、真夏だったが草ボーボーということはなく、歩きやすかった。

数分で再び車道に出ると、すぐにまた歩きの道への入口となった。今度は、地図にも載っている道である。入口は、草で覆われかけていた。

5分程道を下ると、視界が開けて、ヘンロ小屋第51号「五色台子どもおもてなし処」があった。

こんな山の中に学校がある訳がないし、麓の学校からは距離があるし、なぜ子どもおもてなし処なのかなあ、と思っていた。
帰ってから調べてみると、近くに児童の施設があるようなので、ここの子どもたちが世話をしてくれているのだろう。

中を覗いてみると、室内は綺麗にされており、ここで泊まったであろう人たちの納札がたくさん貼られていた。  


Posted by こいったん at 00:02Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年02月25日

【3巡目-722】 白峯寺、82番根香寺へ [2020年7月25日]〈その3〉

十九丁は、順番通りに歩いて来た時にはただの通過点となるが、(81)白峯寺を先に打った場合には、白峯寺・根香寺・国分寺への三差路となっている。

(82)根香寺を打ってからはここに戻って来て、(80)国分寺へと向かうことになる。

木のベンチが並んでいて一休み出来るようになっているが、朽ちかけていたり、日当たりも悪く、あまり休憩したくなるような雰囲気ではない。
ただ、宿から1時間ちょっと歩いて来た頃で、少し荷物を下ろす。

この先、日当たりが良くない道が続くためか、真夏でも草に覆われて歩きにくい、といった区間は無かった。

車道に合流する。すぐに「足尾大明神」という、小さなお寺のような神社があった。

その隣に期せずして、駐車場付きの新築のトイレがあった。一般の観光客向けだろう。利用はしていないが、おそらくまだ新しいものだろう。

少し先には、へんろ地図にも掲載されている「みち草」という、小さな食堂があった。

土曜日だったが営業しており、歩き遍路でも気軽に入れそうな雰囲気だった。宿で朝食をゆっくり嗜んだ後なので、残念ではあるが通過する。  


Posted by こいったん at 00:01Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年02月22日

【3巡目-721】 白峯寺、82番根香寺、80番国分寺、83番一宮寺、高松市内まで [2020年7月25日]〈その2〉


車道を進むと、平成遍路石がある。ここで、遍路道と合流し、歩きの道へと入る。

自衛隊施設の金網の横の道を通るとT字路となり、左方向が(81)白峯寺となり、右方向の(82)根香寺方面へと進む。

森の中の道が続く、という事で、やぶ蚊が多く、痒みと闘いながらの歩きとなる。

これまでの夏遍路では、それ程、虫に刺されることもなかったように思うが、今回は蚊に刺されてばかりとなってしまった。
次回からは、虫よけスプレーは必ず持っていくことにしたい。

次のT字路となる「十九丁」までは、約40分の歩きの道となる。

きついアップダウンもなく、道も荒れておらず、歩きやすい道が続く。
丁石が何基も残されているから、遍路道らしさが残っている。

途中には、閼伽井という、水の湧いている場所があるようだが、どこに湧いているのかよく分からなかった。

所々に丁石の説明などの案内板があったりするから、時間に余裕があれば、案内板を読みながら、お勉強しつつ進むのも楽しそうである。
歩き遍路となると、ついつい先を急いでしまう習性があるが。  


Posted by こいったん at 00:02Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年02月19日

【3巡目-720】 「ニューサンピア坂出」② [2020年7月25日]〈その1〉

昨夜は22時半頃に就寝する。夜中少し目が覚めて眠れなくなることもあるが、翌朝は6時ちょっとに起きた。

朝食は一番早い7時からでお願いしてあり、朝6時台に朝風呂に入らせてもらった。他に4人程、利用していた。

歩き遍路の時しかこういった宿に泊まる機会がないから、楽しませてもらう。

7時となり食事場所に向かう。昨晩は暗くて分からなかったのだが、窓を大きくとってあるから、本当に眺めが素晴らしい。
昨日は雨降りだったから、空気も綺麗になったのだろう。

一人で泊まりに来たジジイがこんな良い場所を独り占めしてしまっていいのか、と恐縮してしまう。
瀬戸大橋を眺めながらの朝食となった。

確か、コーヒーや牛乳など、飲み放題だったこともあり、ゆっくりと食事をし、午前8時を過ぎてから宿を出た。

遍路道ではない車道を進み、(82)根香寺を目指す。
緩やかな上りがひたすら続き、朝から息が切れて大変だった。  


Posted by こいったん at 00:04Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年02月16日

【3巡目-719】 「ニューサンピア坂出」① [2020年7月24日]〈その18〉

平日は8800円で泊まれるようだが、この日は祝日という事で、二食付き13300円だった。
「GoToトラベル」で、申請すれば後日、一部返金されるはずである。

そもそも、かねてから一度泊まってみたいと思っていた宿だったから、宿代が高くても泊まっていただろう。

夕食は、新型コロナ対策で時間ごとに人数制限があり、ちょっと遅い午後7時半からとなった。

一息ついてから、大浴場へと向かう(写真は宿のHPより)。やはりこれがないと、歩き遍路を楽しむことが出来ない。
眼下の平野部の眺めを堪能出来る、雄大なお風呂で、露天風呂もあった。混雑していることもなく、ゆったりと過ごす。

食事場所も夜景を一望出来る、広い空間だった。
コロナ対策で、広いテーブルを一つずつ空ける、という徹底ぶりだった。

期待通りの食事ではあったが、ご飯のお替りは想定していなかったらしく、一杯だけなら出せそう、との事でお願いする。おかずの量が多かったから、空腹にならずに済んだ。

対応してくれた女性は終始丁寧で、遍路に興味がある様子だった。
お風呂でも一緒だったひとつ前のテーブルの一人旅の方は、おそらく車遍路だろうが、黄色いへんろ地図らしき冊子を手にしており、従業員の方と遍路談義をしていた。


白峰温泉 ニューサンピア坂出:一泊二食 13300円  〈103号室 和室8畳〉
     ※洗濯機4台、200円・乾燥機4台、30分100円・洗剤50円。自販機あり。氷水あり。
      宿泊客:一般客多数。  


Posted by こいったん at 00:05Comments(0)お遍路 第三拝(香川)

2022年02月13日

【3巡目-718】 81番白峯寺、「ニューサンピア坂出」へ [2020年7月24日]〈その17〉

(81)白峯寺を出立する。

早々に道が二股に分かれる。どちらに行けばいいのか迷うが、(82)根香寺方面の案内に従い、左斜め方面へ。結局は、どちらを選んでも大丈夫だったようである。

県道に出ると、へんろ地図にも掲載されている、白峰パークセンターが正面にある。
小さな建物だが、展望カフェ、となっていた。もちろん、この時間では営業していない。

車道を進むが、ゆるやかに上りが続く。やはり、今日の内に白峯寺を打っておいて良かった。

早々に、宿の建物が見えてきた。
客室が見えている。お客さんの姿があり、こちらに向かって手を挙げてくれたように見えた。こちらも手を振り返す。

午後5時13分、本日の宿「白峰温泉 ニューサンピア坂出」に到着した。

インターネットで予約をしておいたが、満室の日も多くなかなか人気のようだ。この日は運良く泊まることが出来た。


本日のコースタイム
善通寺グランドホテル7:37→8:20(76)金倉寺8:47→9:44(77)道隆寺10:18→12:16(78)郷照寺12:52→(79)高照院14:53→16:39(81)白峯寺16:58→17:13ニューサンピア坂出


歩行距離:27.4km
 歩数  :45501歩
最高気温:27.0℃
最低気温:24.3℃[高松市]
応援クリックをお願いします
  


Posted by こいったん at 00:06Comments(0)お遍路 第三拝(香川)