2020年06月13日

【3巡目-544】 三坂峠へ [2019年2月18日]〈その6〉

三坂峠へ向かって、気が付かない程度に上り道が続いていく。
日差しがあり、暖かくなってきた。午前9時頃になると、好天で霜が溶け出してきたようで、電線から水滴が地面に落ちてきて路面が濡れていた。

黙々と峠へ向かって歩みを進める。新しく出来た無料の三坂道路入口を過ぎると、車はほとんど通らなくなった。

国道をひたすら歩くのだが、一ヶ所だけ、遍路宿「桃李庵」の所で短い歩きの遍路道があるので、そちらの方へ入ってみる。
遍路シールなども薄くなって分岐が分からなくなっており、知っていないと通り過ぎてしまうだろう。

国道から砂利道へと入る。「桃李庵」の建物を横目に見ながら、小さな丘を越える遍路道である。
ちょっとした上りなのだが、息が上がってしまった。

三坂峠までやって来る。
通り過ぎる車も無く、すっかり寂れてしまった印象である。前回利用した、並んでいた自販機は撤去されてしまっていた。
一匹のワンちゃんが、人恋しそうにこちらへと近付いて来た。こうやって、たまにやって来るお遍路さんをお迎えしているのだろうか。

峠への歩きの道へと入る。入口にはまだ新しい、悪路通行注意、の看板が立てられていた。危険と感じた場合には引き返すように、と書かれている。
ただ、峠からの急坂を降りた所で、引き返す力のあるお遍路さんはいないだろう。
  


Posted by こいったん at 23:53Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)