2020年10月08日

【3巡目-576】 伊予亀岡、54番延命寺へ [2019年3月17日]〈その5〉

亀岡の集落を歩いていると、古びた商店に、「踏切防護協力員 赤旗 信号炎管」と言う、小さな赤いプレートが掲げられていた。

今はおそらく無いと思うが、昔はそんな協力員と言う制度があったのだろうか。

伊予亀岡駅まで50m、という標識が出ていた。
トイレに行きたかったのだが、遍路道を外れて50m、に迷ってしまう。駅は見えているものの、通過してしまった。

歩き遍路同士なら、この気持ちを分かってもらえるだろう。

昔からの街道だった雰囲気のある道が続いていた。分岐があり、さらに細道へと入ると、線路に沿ったいい感じの道になった。

こんな道があったのか、と一度この辺りは歩いているはずだが、記憶から飛んでしまっていた。ここで、列車が通過してくれれば良かったのだが。

この、伊予亀岡駅付近の旧道は、なかなか変化に富んでいて、面白かった。

へんろ地図を眺めながら、旧道を丹念に辿る。
立憲民主党の枝野代表が今治に来る、という事で、宣伝カーが抜きつ抜かれつで賑やかに走っていた。  


Posted by こいったん at 23:59Comments(0)お遍路 第三拝(愛媛)