2021年10月22日

廃業した遍路宿(徳島編)

先日、「民宿おおひら」さんが廃業した記事を書いていて、ふと、これまで泊まった遍路宿で廃業した宿はどれくらいあるかなあ、と思いまして、書き出してみた所、結構な数がありました。

歩き遍路を始めたのが16年前の2005年で、その頃から宿主の高齢化が進んで、と言われていましたが、現実に廃業する宿が出てくる時代になってしまいました。

年齢だけでなく、建物の老朽化や、お客さんが少なくて経営的に難しいこともあるのでしょうか。


【これまで泊まって廃業した宿(徳島編)】

・龍山荘(2005年3月宿泊)  歩き遍路で大繁盛していた印象、相部屋でした。宿主さんは元気そうで、廃業は意外でした。

・薬王寺宿坊(2005年3月宿泊) 他のお遍路さんと楽しく過ごせました。営業・廃業を繰り返している印象で、今はどうなっているのか、調べてもよく分かりません。 


・みなみ旅館(2011年8月宿泊)

細長い建築の旅館、翌日のおむすびをお接待してくれました。









・大安食堂(2005年3月宿泊)

かなり強烈な宿でした(笑)







高知編へと続きます。  


Posted by こいったん at 02:22Comments(0)歩き遍路 トピックス