2020年12月31日

【3巡目-603】 別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉

【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉納経を終え、参道を下る。
「牛石」という、牛の形をした大きな石があり、口の部分には、誰かが入れたのだろう、草を食んでいた。確かに、牛に似ている。

仁王門をくぐり、赤い橋を渡り、車道へと戻ってきた。

来る時に、車道に並行して玉垣が続く古い道があったのを見ていたので、帰りはそちらの道を歩いてみた。崩れかかった玉垣が並び、かつての栄華が偲ばれるような道である。

もう一度訪ねたい、と思うような、なかなか良いお寺であった。八十八ヶ所の寺院に比べ、別格には印象深いお寺が多い。

【3巡目-603】  別格10番興隆寺、別格11番生木地蔵へ [2019年3月18日]〈その12〉来た道を戻り、先程通った墓地の所まで来た。ここからは分岐を右へと進む。
小高い場所を歩いているので、麓の景色がきれいである。

先程歩いてきた県道に出ると、西山興隆寺への車の案内板がある。車の場合はここから入るようだ。

そのまま道路を横断して小道へと入る。自転車を押した地元のおじさんが、別格?と話し掛けてくれる。たまに歩いているお遍路さんを見掛けるのだろう。

番外の久妙寺辺りのため池で、何やら大規模に工事をしている。普段は静かな道なのだろうが、この日はダンプが行き交っており、少々歩きにくかった。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事画像
【3巡目-611】  61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口、62番宝寿寺へ [2019年3月19日]〈その3〉
【3巡目-610】  小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉
【3巡目-609】  「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉
【3巡目-608】  「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉
【3巡目-607】  「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉
【3巡目-606】  大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(愛媛))の記事
 【3巡目-611】 61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口、62番宝寿寺へ [2019年3月19日]〈その3〉 (2021-01-27 00:06)
 【3巡目-610】 小松から、61番香園寺、60番横峰寺、モエ坂、河口へ [2019年3月19日]〈その2〉 (2021-01-23 00:07)
 【3巡目-609】 「ビジネス旅館小松」③ [2019年3月19日]〈その1〉 (2021-01-20 00:08)
 【3巡目-608】 「ビジネス旅館小松」② [2019年3月18日]〈その17〉 (2021-01-17 00:09)
 【3巡目-607】 「ビジネス旅館小松」① [2019年3月18日]〈その16〉 (2021-01-14 00:08)
 【3巡目-606】 大頭、「ビジネス旅館小松」へ [2019年3月18日]〈その15〉 (2021-01-11 00:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。