2018年09月21日

【3巡目-301】 安和、焼坂峠、土佐久礼駅まで 〈その20〉[2017年5月1日]

はっきりとした表示は無いのだが、「焼坂峠」と思われる場所へと到着した。時刻は午後5時近くである。

電線越しに、標高差で約200mの安和集落が見えていた。これだけの高さを上って来た訳である。

峠には、この先の遍路道に危険個所があるので注意を促す大きな看板が設置されていた。確かに荒れている部分もあったが、同じような遍路道は他にもあるので、特別歩きにくいという訳ではなかった。

峠からは、廃道になりつつある林道を下る。緩やかなので、のんびりと歩くことが出来る。

注意書きのラミネートされた張り紙が急に目立つようになってきた。路肩注意、落石注意、足元注意と、次々と登場してくる。役所が取り付けてくれているのだろうか。

通行止にするのではなく、注意を促しながら通れるようにしてくれるのはうれしい。

幅の広い道を進んでいたのだが、いつの間にか歩きの道に入っていたようである。

峠を越えてからは林道を歩く区間が長いが、峠までは、直登する歩きの道だった。ということは、埋もれてしまっている、峠からの歩きの下り道があるということになるのだろうか。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(高知))の記事画像
【3巡目-348】 真念庵 〈その8〉[2017年7月14日]
【3巡目-347】 新伊豆田トンネル、真念庵、下ノ加江まで 〈その7〉[2017年7月14日]
【3巡目-346】 うどん屋田子作、真念庵、下ノ加江まで 〈その6〉[2017年7月14日]
【3巡目-345】 四万十大橋、真念庵、下ノ加江まで 〈その5〉[2017年7月14日]
【3巡目-344】 四万十大橋、真念庵、下ノ加江まで 〈その4〉[2017年7月14日]
【3巡目-343】 土佐入野駅から、四万十大橋、真念庵、下ノ加江まで 〈その3〉[2017年7月14日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(高知))の記事
 【3巡目-348】 真念庵 〈その8〉[2017年7月14日] (2019-02-19 00:05)
 【3巡目-347】 新伊豆田トンネル、真念庵、下ノ加江まで 〈その7〉[2017年7月14日] (2019-02-16 00:06)
 【3巡目-346】 うどん屋田子作、真念庵、下ノ加江まで 〈その6〉[2017年7月14日] (2019-02-10 00:08)
 【3巡目-345】 四万十大橋、真念庵、下ノ加江まで 〈その5〉[2017年7月14日] (2019-02-07 00:09)
 【3巡目-344】 四万十大橋、真念庵、下ノ加江まで 〈その4〉[2017年7月14日] (2019-02-04 00:10)
 【3巡目-343】 土佐入野駅から、四万十大橋、真念庵、下ノ加江まで 〈その3〉[2017年7月14日] (2019-02-01 00:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。