2019年02月28日

【3巡目-350】 真念庵、下ノ加江まで 〈その10〉[2017年7月14日]

【3巡目-350】 真念庵、下ノ加江まで 〈その10〉[2017年7月14日]水車の休憩所を出発する。
分岐があり、そのまま真っ直ぐに進むか、左方向へ国道を道なりに行くか、である。
どちらも歩いた事があるので、今回は国道321号線を忠実に辿ることにした。

道路沿いの擁壁には、苔の壁を利用して、「ざまにゆっくり土佐清水」と方言で書かれていた。なかなか上手く出来ている。

いたずらで書かれたものではなく、行政によってなされたような印象である。
「ざまに」の意味を調べてみると、「とても」とか、「すごく」という意味のようである。

【3巡目-350】 真念庵、下ノ加江まで 〈その10〉[2017年7月14日]単調な道が続いていたが、少しずつ建物が見られるようになってくる。以前立ち寄ったことがあるたこ焼き屋さんは健在だった。

その先、「安宿」さんのある集落へと続く静かな旧道風の道への分岐があるが、そのまま国道を選ぶ。

ゆっくりと歩いていたのだが、まだ午後2時過ぎにも関わらず、見覚えのある、以前はスリーエフだったローソンが見えてきた。宿はすぐ裏手である。
ここのローソンにもお遍路さん休憩所があったので、利用させてもらう。

おそらく、こういった休憩所があるのは、元スリーエフでは無いだろうか。歩き遍路には親切で、以前はペットボトルのお茶をお接待してくれていたと思う。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(高知))の記事画像
【3巡目-378】 足摺岬から(西岸経由)、松尾、払川橋バス停、土佐清水へ 〈その5〉[2017年7月16日]
【3巡目-377】 足摺岬から(西岸経由)、松尾、土佐清水へ 〈その4〉[2017年7月16日]
【3巡目-376】 足摺岬から、中浜、土佐清水、大岐の浜、久百々まで 〈その3〉[2017年7月16日]
【3巡目-375】 足摺岬から、中浜、土佐清水、大岐の浜、久百々まで 〈その2〉[2017年7月16日]
【3巡目-374】 「民宿 田村」② 〈その1〉[2017年7月16日]
【3巡目-373】 「民宿 田村」 〈その20〉[2017年7月15日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(高知))の記事
 【3巡目-378】 足摺岬から(西岸経由)、松尾、払川橋バス停、土佐清水へ 〈その5〉[2017年7月16日] (2019-05-19 00:10)
 【3巡目-377】 足摺岬から(西岸経由)、松尾、土佐清水へ 〈その4〉[2017年7月16日] (2019-05-17 00:09)
 【3巡目-376】 足摺岬から、中浜、土佐清水、大岐の浜、久百々まで 〈その3〉[2017年7月16日] (2019-05-13 00:08)
 【3巡目-375】 足摺岬から、中浜、土佐清水、大岐の浜、久百々まで 〈その2〉[2017年7月16日] (2019-05-11 00:07)
 【3巡目-374】 「民宿 田村」② 〈その1〉[2017年7月16日] (2019-05-09 00:06)
 【3巡目-373】 「民宿 田村」 〈その20〉[2017年7月15日] (2019-05-07 00:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。