2016年03月03日

【3巡目-61】 神山市街から、建治寺、別格2番童学寺、13番大日寺まで 〈その1〉[2015年8月16日]


昨夜は、20時過ぎには寝床に入り、夜中に目が覚めて1時間程眠れなくなったものの、朝6時までぐっすりと寝ていた。

朝食は何時でも、と言ってもらえたが、普通に6時半でお願いした。早立ちしたい方には助かるだろう。

普段の朝は食欲が無いのだが、歩き遍路中ということもあり、ご飯を3杯も食べることが出来た。

身支度を整え、午前7時過ぎに「桜屋旅館」を後にした。

今日は、神山森林公園から建治寺、別格2番童学寺を経て13番大日寺辺りまで、という、少々変わった計画を立てている。
天候は曇りで、気温もそれ程高くはない。

神山町寄井の集落には、こんな不思議な看板が。
邪馬台国が神山にあったというものである。卑弥呼の文字も見られる。

集落を抜け、国道へと合流した。休日の朝でもあり、時折、車が走り去って行く程度である。

ここにも、神山スキーランドホテル内にある日本超古代研究所という、怪しげな看板があり、ソロモンの秘宝は阿波神山にある、そうである。

神の山の町というだけあって、何かそういった伝説がある土地なのだろうか。

再び集落の方に入っていく分岐となったが、そのまま国道を直進する。
「道の駅 温泉の里 神山」があるが、まだ時間も早く、閑散としていた。歩き始めたばかりなので、先へと進む。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事画像
【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日]
【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日]
【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日]
【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日]
【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日]
【3巡目-150】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その12〉[2016年5月9日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(徳島))の記事
 【3巡目-155】 23番薬王寺から、南阿波サンライン、牟岐、内妻まで 〈その1〉[2016年8月13日] (2017-04-22 20:27)
 【3巡目-154】 第22回 区切り打ち 出発[2016年8月12・13日] (2017-04-18 21:00)
 【3巡目-153】 第21回 区切り打ち 帰宅[2016年5月9・10日] (2017-04-09 20:53)
 【3巡目-152】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その14〉[2016年5月9日] (2017-04-06 21:19)
 【3巡目-151】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その13〉[2016年5月9日] (2017-04-03 16:39)
 【3巡目-150】 道の駅わじきから、22番平等寺、国道経由、23番薬王寺まで 〈その12〉[2016年5月9日] (2017-03-30 20:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。