2018年07月03日

【3巡目-278】 土佐市高岡町から、35番清滝寺、36番青龍寺まで 〈その13〉[2017年4月30日]


長い石段を上って、本堂・大師堂にて参拝する。
山道の上りはつらいが、お寺の石段はそれ程苦にはならない。

女性二人組も同じく参拝していたが、歩いてお寺を後にしていた。これまで見掛けていないが、歩き遍路さんだろうか。
青龍寺手前で路線バス(ドラゴンバス)に追い抜かれたので、それを利用したのかも知れない。

今日の宿までは、再び山道となる。山門横から、奥の院へと向かう歩きの道である。
上りがきつく、汗は噴き出すし、息も続かない。ここ5年ほどで、すっかり上り道が苦手になってきた。

やっとのことで車道まで上がってきた。息は切れ、汗はダラダラである。

四国の道の木製の立て杭に、袋がぶら下がっている。
中を見てみると、へんろ地図が入っていた。誰かが落としてしまったのだろう。
本は濡れてしまっていたが、落としてそれ程、日にちは経っていなさそうである。

車道に出るが、再び歩きの道へ。もう一度車道に出ると、鳥居があり、歩きの道が続いている。青龍寺奥の院への道である。

一度訪ねてみたいと思っていた所で、時間もあることから、行ってみることにした。

車道には、奥の院へと誘導する立派な看板が掲げられていた。札所への誘導に、どこにでも見られる看板と同じ形の物である。



同じカテゴリー(お遍路 第三拝(高知))の記事画像
【3巡目-282】 国民宿舎土佐から、横浪スカイライン、須崎、焼坂峠、土佐久礼駅まで 〈その1〉[2017年5月1日]
【3巡目-281】 36番青龍寺、国民宿舎土佐まで 〈その16〉[2017年4月30日]
【3巡目-280】 36番青龍寺、国民宿舎土佐まで 〈その15〉[2017年4月30日]
【3巡目-279】 36番青龍寺、国民宿舎土佐まで 〈その14〉[2017年4月30日]
【3巡目-277】 土佐市高岡町から、35番清滝寺、36番青龍寺まで 〈その12〉[2017年4月30日]
【3巡目-276】 土佐市高岡町から、35番清滝寺、36番青龍寺まで 〈その11〉[2017年4月30日]
同じカテゴリー(お遍路 第三拝(高知))の記事
 【3巡目-282】 国民宿舎土佐から、横浪スカイライン、須崎、焼坂峠、土佐久礼駅まで 〈その1〉[2017年5月1日] (2018-07-15 23:56)
 【3巡目-281】 36番青龍寺、国民宿舎土佐まで 〈その16〉[2017年4月30日] (2018-07-12 23:57)
 【3巡目-280】 36番青龍寺、国民宿舎土佐まで 〈その15〉[2017年4月30日] (2018-07-09 23:58)
 【3巡目-279】 36番青龍寺、国民宿舎土佐まで 〈その14〉[2017年4月30日] (2018-07-06 23:59)
 【3巡目-277】 土佐市高岡町から、35番清滝寺、36番青龍寺まで 〈その12〉[2017年4月30日] (2018-06-30 23:57)
 【3巡目-276】 土佐市高岡町から、35番清滝寺、36番青龍寺まで 〈その11〉[2017年4月30日] (2018-06-24 23:54)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。