2021年07月03日

第8回 奥飛騨トレイルラン2021 [2021年6月27日]

第8回 奥飛騨トレイルラン2021 [2021年6月27日]6月27日(日)に、奥飛騨の流葉スキー所付近で行われた、
「第8回 奥飛騨トレイルラン2021」に参加してきました。

ついに、トレイルラン、初挑戦です。
車で2時間程の場所での開催でしたので、一度体験してみることにしました。

「トレイルラン」と言えば、山道を走る、くらいにしか知識がありません。狭い山道を走って、追い越しとかどうするのでしょうか?
また、「累積標高1071m」との事ですが、山登りをしないので、どれくらいのキツさなのか実感出来ません。12番焼山寺に行って帰る位でしょうか。

第8回 奥飛騨トレイルラン2021 [2021年6月27日]そして、無謀にも、12kmのショートコースにしておけば良いのに、28kmのロングの方にエントリーしました。

制限時間8時間ですので、歩けば何とかなりそうなので、とりあえず参加です。

何とか、最下位だけは避けたい所です。

いきなり登坂が続きますが、周りはみんな歩いているので安心しました。上り坂は走れる訳がなくほぼ歩き、平坦路とゆるい下り坂だけ走るスタンスでした。
スキー場を通るので、眺めは良かったです。

第8回 奥飛騨トレイルラン2021 [2021年6月27日]途中、10分後にスタートしたグループの人たちに次々と追い抜かれましたが、トップ集団など、カモシカのようにピョンピョンと坂を下り、この人たちは同じ人間なのか、と驚かされましたよ。

山の中を走って楽しいのかなあ、と不思議に思っていましたが、獣道を走っていると、野生児になったような気分でした。こういった所が魅力なのでしょうか。

第8回 奥飛騨トレイルラン2021 [2021年6月27日]全部門の参加者計は、450人程でした。

結果は、男性28km部門が、完走率99%(凄い!)で、完走者211人中205位でした。

タイムは5時間22分と、予想以上に良かったです。
時速5km/hで走れ(歩け)ました。
最下位の方でも、6時間台でした。

同じくらいのペースの方たちもある程度おられましたから、これから他の大会に参加しても、何とかやれそうな感じです。また、面白そうな場所での大会があれば、エントリーしてみようかと思います。

次は、7月中旬に静岡県で行われる、ウルトラウォーキング大会(93km)に参加予定です。



同じカテゴリー(フルマラソン)の記事画像
2021 東京ウルトラマラソン [2021年4月25日]
金沢マラソン 2019 [2019年10月27日]
第8回 能登半島すずウルトラマラソン [2019年10月20日]
第2回 南砺100キロマラニック [2019年6月2日]
第16回 とやま清流マラソン [2019年5月19日]
能登和倉万葉の里マラソン2019 [2019年3月10日]
同じカテゴリー(フルマラソン)の記事
 2021 東京ウルトラマラソン [2021年4月25日] (2021-04-28 02:22)
 金沢マラソン 2019 [2019年10月27日] (2019-10-29 00:55)
 第8回 能登半島すずウルトラマラソン [2019年10月20日] (2019-10-22 23:52)
 第2回 南砺100キロマラニック [2019年6月2日] (2019-06-03 22:22)
 第16回 とやま清流マラソン [2019年5月19日] (2019-05-20 23:45)
 能登和倉万葉の里マラソン2019 [2019年3月10日] (2019-03-11 22:44)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。